Unity Adsと『breaker』動画広告を軸としたゲームデザインでマネタイズに成功。

30秒という限られた時間で、大量のブロックを破壊する爽快感がウリの『breaker -30秒でどこまで壊せますか?ブロック崩し-』(以下、breaker)。本作は取材を行った 2015/08/14 時点でiOS版 / Android版を合わせ60万超のダウンロードを記録しており、Unity Adsを利用したマネタイズにも成功しています。基本プレイ無料で、動画広告を軸としたゲームデザインはどのようにして生まれたのでしょう。本作の開発とマネタイズに携わった株式会社イグニスの川口 功氏、横川 祥子氏、的打 久志氏の3名に話を伺いました。
Read more…

Unityアワード 2015 に応募しよう!

毎年優れたUnity製プロジェクトに送られる第8回『Unity アワード』の募集が始まっています。

今年は、「ベスト・VRエクスペリエンス賞」「アセットストア賞」の2賞を加え、全部で9つの賞とひとつの大賞が、今年 9 月に開催される『Unite 2015 Boston』にて贈られます。各賞のファイナリストまで勝ち残れば、『Unite 2015 Boston』の Unity アワード受賞式にご招待いたします!

以下に、『Unity アワード 2015』の応募要項を翻訳いたしましたので、こちらのフォームよりどしどしご応募ください!

応募申請の〆切は、日本時間 2015 年 8 月 1 日 午後 4 時までですよ!

 

Unity-awards-previous-winners

Read more…

県人会議サイトがリニューアルし、支援P機能をサポートしました!

kenjin_banner_ogp

県人会議サイト(http://kenjin.unity3d.jp/)がリニューアルし、ついに支援P機能をサポートしました!
Unityに関するイベントや勉強会を実施されたい方、日本各地のそうしたイベントを支援したい方は是非ご活用ください。

■Unity県人会議とは

Unity県人会議とは、少人数での勉強会から100人規模のセミナーまで、全国各地で開催されているUnity関連のイベントのことです。

「全国で開催されているUnity県人会議の情報をもっと知りたい!」
「今まで大都市でしか開催されなかったUnityの講演会を地元でも開催したい!」
「個人や企業に県人会議のバックアップや協賛の依頼をしたい!」

みなさんのそんな想いを叶えるために、「Unity県人会議」のwebサイトを開発しました。

■支援Pとは

支援Pとは各都道府県でUnityにちなんだイベントを行いたい方を協賛・バックアップする企業、団体、人のことです。
協賛・バックアップとは講演者の派遣、会場の提供、機材の貸出し、ライセンスの提供、懇親会の補助、イベント内容の相談など、「支援したい!」と思う企業や個人の方が
「こういう事ができるよ!」という項目を登録しておくことで、各地でイベントを実施する方のバックアップを行うことができます。

■県人会議を開催される方へ

県人会議を登録し、弊社にて承認後に編集フォームから支援Pへ支援要請が行えます。

requestForSupport

欲しい支援をチェックして、支援を要請しましょう!

supportRequest

要請後、支援Pから登録したメールアドレスに連絡がありますので、その後支援Pと直接やりとりを行っていただくようお願いします。

■支援Pとしてご登録したい方へ

県人会議サイトの支援P登録申請フォームよりご登録いただけます。
※弊社にて承認後、サイトにて公開されます

newSupporter

 

まず、ご連絡先の情報をご入力ください。区分として個人を選んだ場合は「お名前」が、それ以外の場合は「会社名」が公開されます(それ以外のご連絡先情報は公開されません)。

newSupporter1

「主催者へのメッセージ」と「支援内容」ではタグも使えますので、支援の内容が分かる画像などを引用していただけます。

newSupporter2

「支援可能エリア」でチェックしたエリアで開催される県人会議のみに、支援要請が来ることになります。

newSupporter3

登録後、支援要請があった場合はご登録のメールアドレスに通知が届きますので、その後は県人会議の主催者様と直接ご連絡を取っていただくよう、お願いします。

■支援をお考えの個人・企業・学校などの皆様へ

支援可能な会場、機材、試用ライセンスや講演などをお持ちの皆様は、ぜひ支援Pになっていただき、各地でのUnity開発を盛り上げるためにご協力いただけると嬉しいです!
具体的には、イベントを実施する方々はおもに下記のような支援があると喜ばれます。

  • 無償、もしくは安価で利用出来る会場の提供(利用可能な人数・時間帯、夜間も利用できるかどうか(ハッカソンなどに使えるか)、電源やネット回線の有無についても情報があると喜ばれます)
  • ゲーム制作に役立つアプリケーションの使い方や機能の講演や、ワークショップの提供(画像編集や動画編集、3Dモデル、サウンドなど)
  • Unityの使い方を含むゲーム開発全般に関する講演や、ワークショップの提供(ゲームデザイン、数学、アート、音楽など)
  • ゲームジャムやワークショップなどを実施する際の試用版ライセンスの無償提供
  • ゲームジャム実施のお手伝い(運営のボランティア)
  • ゲームジャムやワークショップなどを実施する際の差し入れ(おかし・飲み物等)の提供
  • イベント参加者向けにステッカーやTシャツなど、ノベルティグッズの提供

よろしくお願いいたします。

厳選アセットを無料や大幅ディスカウントでご提供開始!〜Asset Store “Level 11”

Unity 5 でアセットストアをお得に利用できるサービスが始まります!

来る2015年4月2日から、11の厳選アセットを無料あるいは超特価でご提供するという、マッドネスセールやバースデーセールとは比べ物にならない空前絶後な規模のサービス “Level 11” をアセットストアでスタートします!

Read more…

Unity Translateとドキュメントの改善、翻訳のお手伝いをしてくださる方へ

Unityはドキュメントの翻訳を行ったり、コミュニティの皆さんからのフィードバックをより的確に頂くために、Unity Translate (translate.unity3d.com) というサービスを開始しました。

日本語ドキュメントの翻訳もこの Unity Translateで行っています。Unity TranslateはUnityアカウントを持つユーザーであれば誰でもアクセスすることが出来ます。

このブログでは、Unity Translateの使い方や、翻訳・ドキュメントへのフィードバックのしかたについて紹介します。
翻訳の間違いを見つけたり、「説明が分かりづらい!」という時に、是非この機能を使ってみてくれたらと思います。

Read more…

「CROSSY ROAD」と UNITY ADS

楽しい。かわいい。クセになる。思わずクスリとくる小ネタも満載。しかもマネタイズにも成功しているゲーム、それが「Crossy Road」です。Hipster Whale は Unity Ads を利用し、「Crossy Road」の iOS 版だけですでに 100 万ドル以上の収益を上げています。彼らはなぜ、基本プレイ無料という選択を採ったのでしょうか。おなじみのアメリカンジョーク、「ニワトリはなぜ道路を渡ったか?」を地でいくモバイルゲーム、「Crossy Road」の開発秘話に迫ります。

Read more…

Unity の iOS 64-bit サポートについて

iOS 向けのアプリを開発している皆さんは、つい最近 Apple から次のような発表があったことをご存知かと思います。

64-bit and iOS 8 Requirements for New Apps

Starting February 1, 2015, new iOS apps uploaded to the App Store must include 64-bit support and be built with the iOS 8 SDK, included in Xcode 6 or later. To enable 64-bit in your project, we recommend using the default Xcode build setting of “Standard architectures” to build a single binary with both 32-bit and 64-bit code.

これはつまり、2015年の2月1日以降、App Store にアップロードされる新しい iOS アプリはすべて、64-bit サポートを含んだ状態で iOS 8 SDK によってビルドされなくてはならない、ということを述べています。

Read more…