Unityアワード 2015 に応募しよう!

毎年優れたUnity製プロジェクトに送られる第8回『Unity アワード』の募集が始まっています。

今年は、「ベスト・VRエクスペリエンス賞」「アセットストア賞」の2賞を加え、全部で9つの賞とひとつの大賞が、今年 9 月に開催される『Unite 2015 Boston』にて贈られます。各賞のファイナリストまで勝ち残れば、『Unite 2015 Boston』の Unity アワード受賞式にご招待いたします!

以下に、『Unity アワード 2015』の応募要項を翻訳いたしましたので、こちらのフォームよりどしどしご応募ください!

応募申請の〆切は、日本時間 2015 年 8 月 1 日 午後 4 時までですよ!

 

Unity-awards-previous-winners

Read more…

Unityを使ってのゲーム開発体験――ゲーム業界志望の学生向けインターンシップ・プログラム事例

DSC_3655

こんにちは、Unityの染谷翔です。1/19(日)に株式会社カプコン主催の、学生向けのインターンシップ・プログラム『業界サバイバルシップ2013 決勝プレゼン』が開催されました。このプログラムは全国から選ばれた50名以上のゲーム業界志望の学生が6つのチームを組み、それぞれ約2ヶ月で1本のゲームを開発して発表するというもの。ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンからはゲーム開発に必要なUnityライセンスの貸与という形で協力させていただきました。

Read more…

“fuZe”がパワーアップして開催!年末に向けて盛り上がろう!

fuze_visual

こんにちは、Unityの小林です。
年末のご予定はどうですか?

11月のニューストピック特集もいよいよラスト。
今回は年末に開催しますクラブイベント”fuZeと、今週末からスタートするクリエイティブラボ”Open Classを紹介します。

【年末は、クラブイベント”fuZe”でヒートアップ!】

今年の春に『才能をもった人にいろんな角度からスポットライトをあてたい』というミッションのもとにスタートした”fuZe“。

今年の3月末に、大好評のうちに渋谷でクラブイベント“Party”に至った本イベントですが、その第2弾が年末真っ只中の12月27日の17:30より、場所は同じく渋谷のWWWに再臨します!

今回のキーワードは、「ビジュアル」 × 「オーディオ」 × 「パフォーマンス」!
ビジュアルがライブパフォーマンスに完全にシンクロする、最新鋭のオーディオビジュアル・パフォーマンスを、年末の夜に一緒に楽しみませんか?

チケットはPeaTiXで販売中です!

【”Open Class”で、”fuZe”に参加しよう!】

自分もミュージシャンとユニットを組んでオーディオビジュアル・パフォーマンスを創ってみたい!という方は、“Open Class”に参加しませんか?

今回は、11月10日、11月17日、12月8日の各日曜日に、各界のクリエイターが集合する濃厚なワークショップと懇親会の毎回約6時間半の構成で、プロのミュージシャンとユニットを組んで、実際にクラブイベント”fuZe”でのパフォーマンスを目標とした作品創りを行っていきます。優秀作品は、クラブイベント”fuZe”でのパフォーマンスも!
作品創りには、”fuZe”専用に開発された”vjkit“を使用。プログラミングを一切しなくても、Unityの上でカッコいいビジュアルアートが作れることで好評を博していますが、今回はvjkitが「パフォーマンス」というテーマに合わせてパワーアップ!MIDI入出力にも対応し、よりパフォーマンス向けに進化しています。

”Open Class”は、別々の強みを持った人達が集まりユニットを組んで、オーディオビジュアル・パフォーマンスを完成させていき、あわゆくば”fuZe”に出演してしまおう!というイベントなのです。

“Open Class”のチケットは、こちらで販売中です!

Open Classの詳細はこちら:

  1. http://fuze.jp/2013/#/openclass

【この他にも?】

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンでは、この他にもまだ未発表のイベントをたくさん予定しています。順次、オフィシャルホームページのほうで公開していきますので、Unity NEWSを是非チェックしてください!

Unityアワードに応募して、Unite 2013に行こう!

_Xoa76YddPbyDk6OxLXCmDF52MbIZTVwEP7XzfhtcJ0

こんにちは。ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの小林です。

本日は、カナダのバンクーバーで今年の8月28日〜30日の日程で行われます Unite 2013 とそこで発表されるUnityアワードのご紹介をいたします!

「あれ? Uniteって、4月の中頃に終わりましたよね?」と思った方は、もう一度 Uniteの公式ページを見てみてください。
先月の4月15日〜16日の二日間にわたって東京で行われましたイベントは、Unite Japan。今度は、その世界大会版の Unite のご紹介なのです!

Unity Technologies では、すべての Unity 開発者および熱心なファンの皆様のために、毎年公式カンファレンス Unite を開催しています。
いつもは世界の一ヶ所で行われるイベントなのですが、今年は Unity の人気がヒートアップしているアジアの Unity ファンの皆様の熱い声援にお応えさせていただくために、まずは韓国・ソウルを皮切りに日本・東京、中国・上海……と順次移動しつつ開催をしています。
まもなく Unite は5月22日〜24日の日程でスウェーデン・マルメに上陸するのですが、その世界大会版がカナダ・バンクーバーで行われる Unite 2013 なのです。今年で7回目を数える世界規模のイベントなんですよ。

さて Unite 2013 は、カナダのバンクーバー市にあるバンクーバーコンベンションセンターで執り行われます。
世界中からデベロッパー、パブリッシャー、ファンおよび Unity に関心のある全ての人々が一同に会し、 Unity を使って、ハイクオリティのビデオゲーム、トレーニング用シミュレーション、医療および建築用ビジュアライゼーションおよびその他の3Dインタラクティブコンテンツを作るための貴重なノウハウを交換しあいます。

同時に、Unity の開発者と直にあって言葉を交わしたりすることもできる機会も提供しているのですが、その中でもその年で最も優れた Unity を使ったプロジェクトを表彰するというセレモニーがあります。それが Unity アワードです。

本年度の Unity アワードは、全部で8部門。そしてその中から最優秀賞として、ゴールデンキューブ賞が選ばれます。
Unity アワードの候補者は各部門につき6チームづつファイナリストとして選ばれるのですが、なんとこのファイナリストは Unite 2013 での表彰セレモニーにご招待されるとのことです!

特に今年は、最優秀ビジュアルシミュレーション部門に力を入れているとのことですので、我と思わんプロジェクトを率いている方は、ぜひご応募してみてください!

詳しいレギュレーションと応募の説明を、こちらにアップロードしておきました。

〆切は、2013年6月30日です!

応募先のフォームはこちらです。「BEGIN ENTRY」以下の簡単なフォームに必要事項を書き入れていただければ、応募できます。

ご参加お待ちしております!

Unite Japan スポンサー募集とセッション公募開始のお知らせ

samnale_IMG_5391
日頃からUnityをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンでは4月15・16日に開催されるカンファレンスイベント「Unite Japan」に向け、ご協賛いただけるスポンサー様の募集を開始いたしました。

Unite Japanスポンサー募集のご案内

Read more…

Microsoft Build カンファレンスより:Unity と Windows Phone 8!

2012年10月30日、Microsoft 社がワシントン州レドモンドの本社キャンパスにて開催した Build デベロッパーズカンファレンスにおいて、Unity ビジネスデベロップメント部門の上級副社長、Tony Garcia がモバイル部門の基調講演に登壇しました。講演では Windows Phone 8 に向けた Unity の取り組みをデモを交えて紹介。Unity 未導入の開発者と利用中の開発者に向けて、Unity が同プラットフォーム向けゲーム/アプリの開発をどれほどパワフルにサポートするかを示しました。

講演では、Tony のスピーチに合わせてフィールドエンジニアの Corey Johnson が Madfinger Games 社の『Shadowgun』プロジェクトを用いて Unity の開発環境を実際にデモしました。短いデモではありましたが、Unity に馴染みのない (会場内とオンラインの) 聴講者に向けてツールの機能性、汎用性、効率性をしっかりと紹介しています。デモでは、Unity のプロジェクト内で簡単にプラットフォーム固有の変更を加えて Windows Phone 8 向けにビルドできることを紹介しました。

ShadowGun_WP8-1680_1050

最後には『Shadowgun』を Windows Phone 8 搭載デバイス上で実行させました。首尾もバッチリ、完ぺきでした!

Unity_WP8_Shadowgun

『Shadowgun』、『Ski Safari』、『Temple Run』などUnity 採用の名作タイトルが Windows Phone 8 で遊べるようになることを考えると、Windows Phone 8 の立ち上げからしばらく、このプラットフォームにおける Unity の役割が重要になるのはおそらく間違いないでしょう。上述のとおり、私たちは今 Windows Phone 8 用開発アドオンをみっちり開発中です。『Shadowgun』のレベルデモでお見せした通り、順調に進んでいます!

それから、Build カンファレンスでは Unity はブース出展もしていました。ご来場の方には Windows Phone 8 と Windows 8 に向けた Unity の取り組みをしっかり見て頂きました。

本記事はUnity3D.comの記事「Unity Windows Phone 8 at Microsoft Build Conference!」を翻訳したものです。

イベント, 技術解説 Dan Adams が投稿 (投稿日:2012年10月30日)