サイバーコネクトツー 東京スタジオ インターンシップにて Unity が採用されました!

【CC2】東京スタジオインターンシップ4期生_バナー

株式会社サイバーコネクトツー 東京スタジオ様のほうで、未来のゲームクリエイターを目指している皆様を対象に、本年7月1日~8月30日の日程でインターンシッププログラムが開催されます。こちらのプログラムで Unity が採用されることになりました!

過去のインターシップの様子は、こちらでご覧いただけます。

エントランス

サイバーコネクトツー様といえば、多くの人気コンシューマタイトルを開発なさっているスタジオとして大変有名ですが、自社開発エンジンの他にスマートフォン向けゲームアプリの開発においては Unity も取り入れていただいております。

今回のインターシッププログラムのお話をいただき、もちろん Unity でも全面的にご協力させていただくつもりです!

未来のゲームクリエイター&デザイナーを目指す皆様に、制作現場に極めて近い場所で、普段現場で開発に当たっているスタッフの方々に混じって、実際に Unity を使った実戦的なインターンシップを経験していただくことは、きっと素晴らしい体験になることと思います。

今年も大変暑い夏になると思いますが、インターンシップに参加なさる皆さんが、照りつける太陽よりもアツいゲームを生み出してくださることを、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン スタッフ一同、心待ちにしてます!


ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンでは、 Unity の導入やトレーニングに関しましても、皆様からの様々なご相談を承っております。
ご希望の方は、こちらまでお問い合わせください。お待ちしております!

祝:ご連絡をいただきました Unity タイトルがちょうど100本になりました!

UTJ100icons

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンでは、日本の Unity ユーザーの皆様よりご連絡をいただきました Unity 製タイトルを、「Unity 新着タイトル」および「ゲームリスト」にてご紹介させていただいておりますが、この度その数を数えましたら、ちょうど100本となっておりました!

記念すべき100本目のタイトルは、株式会社コロプラ様の『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』(iOS/Android)でした! ありがとうございます!

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンでは、今後も日本の Unity ユーザーの皆様より新作タイトルのご連絡をお待ちしております。
またすでにリリースされているタイトルに関しましても、ゲームリストに掲載させていただきますのでよろしくお願いします!

ゲームリストおよび新着タイトル掲載のリクエストは、こちらまで。
ご連絡、お待ちしております。

次の200本目の時には、何かお祝いをやりたいですね!

Unite Japan で行われたセッションのうち新たに3セッションが一般公開されました(6/24公開分)

samnale_UniteFlyer

4月15-16日に行われた大規模カンファレンス「Unite Japan」でのセッションのうち、下記3点が一般公開されました。イベントに足を運べなかった方も、この機会にぜひご視聴ください!

Unite Japan 2013 公開動画

■iClone5 を用いた簡単キャラクターゲーム制作
視聴ページはこちら
登壇者:大迫誠(REALLUSION)
ゲーム制作初心者を対象に、他ソフトで制作したキャラクタにモーション付けし Unity に取込み動作させるまでの簡単なデモを行います。iClone5 と 3DXchange5 を使用し Unity でのゲーム制作が誰でも簡単に出来ることを目指します。

■LWF in real life: どうぶつフレンズの開発事例
視聴ページはこちら
登壇者:David Gavilan(グリー)
2D ゲーム「どうぶつフレンズ」の事例をもとに、グリーが開発しその後 OSS化 したアニメーションエンジン「Lightweight SWF(LWF)」の便利な利用方法や独自のテストツールを用いた効率的なトラブルシューティングの方法などをご紹介します。

■「デーモントライヴ」にみるサウンドとムービーの活躍 ~ ADX2 と Sofdec2 で実現する圧縮&リッチ演出~
視聴ページはこちら
登壇者:秋葉晴樹 × 杉山圭一 × 櫻井敦史(セガネットワークス × スタジオカリーブ × CRI・ミドルウェア)
ADX2 for Unity は、iOS / Android / PC 向けゲーム開発において、サウンドやデータの品質を損なわない高圧縮、BGMループや大量音声の同時再生、インタラクティブなサウンド演出、各種エフェクトでの豪華サウンド演出などを手軽に実現します。エディタ拡張機能(Unityエディタ上で動作)と多量の効果音管理に対応したツール設計で、使い安さもケアしています。Sofdec2 for Unity は、Unity上でムービーをテクスチャとして扱えるソリューションです。Unityで制作したオブジェクトに手軽にムービーをアタッチできます。α値にも対応し、透過ムービーを重ねたリッチな演出ができます。これらの特長を、セガの協力対戦型バトルRPG「デーモントライヴ」での実例を通して紹介します。ADX2 は誰でも無償で使えるLE版が用意されており、実践的な情報を持ち帰っていただける内容となっています。

さよなら円高/最終駆け込みキャンペーン用<雲丹亭Tシャツ 別注抹茶色Ver.>完成のお知らせ

samnale_DSC_0822

Unity Proライセンスの『さよなら円高/最終駆け込みキャンペーン』でもらえる『Unity Pro Inside』グッズのひとつ、「雲丹亭Tシャツ 別注抹茶色Ver.」が出来上がってきました!4月に開催された大規模カンファレンスUnite Japanにて、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンスタッフが着用していたスタッフTシャツの別カラーバージョンです。

キャンペーン期間中にProライセンスをご購入いただいた個人のお客様にはPro Insideピンバッジ、Pro Insideステッカーも合わせてプレゼント!キャンペーン詳細のご確認およびお申込みは、下記URL内にありますお申込みフォームよりどうぞ!この機会にライセンスをご購入される方はお見逃しなく!

『さよなら円高/最終駆け込みキャンペーン』実施!『Unity Pro Inside』グッズお申込みフォームのご案内

DSC_0827b

Unite Japan で行われたセッションのうち新たに3セッションが一般公開されました(6/17公開分)

samnale_UniteFlyer

4月15-16日に行われた大規模カンファレンス「Unite Japan」でのセッションのうち、下記3点が一般公開されました。イベントに足を運べなかった方も、この機会にぜひご視聴ください!

Unite Japan 2013 公開動画

■Unity とキヤノン MREAL システムによる複合現実世界の実現
視聴ページはこちら
登壇者:向井利光(キヤノンITソリューションズ)
MR (Mixed Reality) とは、現実世界と仮想世界をシームレスにリアルタイムで融合させる映像技術であり、VR から一歩進んだ技術として注目を集めている。本講演では MR の概要紹介とともに Unity を利用した MR コンテンツの作成方法を紹介する。また、キヤノン MREAL システムの活用法の紹介を通して MR 技術の将来像について提案していく。

■インタラクティブ・インスタレーション / アート
視聴ページはこちら
登壇者:杉野裕則(チームラボ)
私たちチームラボは、Unity のパワフルな 3D レンダリングと、柔軟なスクリプティングを利用し、数々のインタラクティブ・インスタレーションやアート作品を制作しています。その作品の一部と、どのように作品の中に Unity を使用しているかを紹介します。

■『サムライソウル』にみる UNITY と SpriteStudio の演出と表現
視聴ページはこちら
登壇者:浅井維新 × 中條史朗 × 大塚直之(ウェブテクノロジ・コム × ナウプロダクション)
学園伝奇ジュヴナイルゲームシリーズ最新作、『サムライソウル』の制作チームが、あえて Unity で挑む 2D カードゲーム制作の舞台裏を、更に”SpriteStudio” とそのUnity用アセット”SpriteStudioPlayer for Unity” を使った開発 Tips をご紹介します。

TorqueL(トルクル)がIndiecade Showcase@E3に選出!

samnale_tumblr_inline_mkfxjalZiE1qz4rgp

2013年春に開催されたニコニコ自作ゲームフェスでUnityスタークリエイター賞を受賞した「TorqueL(トルクル)」が、E3にて注目のインディーゲーム(自作ゲーム)をピックアップするIndiecade Showcaseに選出されました!

IndieCade Showcase @ E3 2013

TorqueLはインディーゲームのダウンロードサイトPlayismより好評配信中です。注目のインディーゲームをぜひ体験してみてください!

TorqueL by FullPowerSideAttack.com(Playism)

samnale_torquel01

Unite Japan で行われたセッションのうち新たに3セッションが一般公開されました(6/10公開分)

samnale_UniteFlyer

4月15-16日に行われた大規模カンファレンス「Unite Japan」でのセッションのうち、下記3点が新たに一般公開されました。イベントに足を運べなかった方も、この機会にぜひご視聴ください!

Unite Japan 2013 公開動画

■ドラッグ&ドロップで、音に合わせたコンテンツ制作 〜 vjkit 解説 & fuZe ポストモータム
視聴ページはこちら
登壇者:大前広樹(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
音楽に合わせて動くコンテンツを作りたいと思った事はありませんか? さまざまなモノを動かしたり、パーティクルを飛ばしたり、マイクに反応して何かをさせたり……そんな事を Unity で気軽に実現するために、vjkit を作りました。プログラミングなしでもガンガン作れるこのキットの紹介をしながら、Unity があたらしくはじめた fuZe というプロジェクトについて振り返ります。

■自動車と飛行機は何が違うのか? ~コンシューマーゲーム開発者から見た Unity~
視聴ページはこちら
登壇者:江端優介(テクノロジーズ・ジャパン)
コンシューマーゲーム開発経験者から見た Unity の環境やワークフローの話です。「ゲームを作る」という目的は同じでもUnityの提供する制作手法は今までとは異なります。その違いについて紹介させて頂くと共に、今一度ゲームの開発フローについて検討できればと思います。

■ネイティブアプリ時代のローカルデータ管理入門
視聴ページはこちら
登壇者:山村達彦(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
ゲームのデータ管理はどうしていますか? PlayerPrefs? Sqlite? サーバーサイドでシリアライザは JSON? メモリは足りていますか? このセッションではモバイル上で動作する Unity のローカルデータを管理する良い方法についてのヒントを紹介します。

Unite Japan で行われたセッションのうち新たに3セッションが一般公開されました

samnale_UniteFlyer

4月15-16日に行われた大規模カンファレンス「Unite Japan」でのセッションのうち、下記3点が一般公開されました。イベントに足を運べなかった方も、この機会にぜひご視聴ください!

Unite Japan 2013 公開動画

■AssetStore マニアクス 2nd
登壇者:伊藤周(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
おかげさまで Facebook「Unity ユーザー助け合い所」ではたくさんのリクエストを頂きました。そこで、前半の「AssetStore マニアクス」で溢れてしまったものをこちらでも順々に紹介していきます。予定している内容は「Input.Touches」「Bitmap2Material」「Easy Save2」「iOS/Android Etceteras Plugin」「Cutscene Creator」「Sequencer」などです。


■Unity × Jenkins:一歩進んだ使い方
登壇者:粉川貴至(セガ)
Unity を使った開発で素早いイテレーションを繰り返すために、CI ツールとの連携は大きな効果を発揮します。今回は CI ツール Jenkins の自動ビルドだけでない一歩進んだ使い方をいくつか紹介します。「分散ビルド」、「IPA 無線 LAN インストール」、「C#向け静的解析ツール(Gendarme、FxCop、Coverity)との連携」、これらのキーワードに興味のある方は是非ご参加ください。


■プレイアブルプランニングのススメ / 非プログラマ向けの Unity 開発入門
登壇者:小林信行(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
非プログラマのプランナー / デザイナー / ディレクター / プロデューサーの皆さん、Unity に興味はありますか? 興味はあるけど、どこから手をつけたらいいのかわからないという方も多いと思います。そのような方向けに、実際に「遊べる企画書」の作り方と題して、タイプごとにどのような点から Unity にアプローチしたらよいか、Tips をご紹介したいと思います。皆様も Unity の世界に第一歩を踏み出しましょう!