Unity関連書籍新刊のお知らせ:見てわかるUnityゲーム制作超入門

samnale_DSC_0851

Unity関連書籍の新刊が発売されました!Unity初心者向けの、勉強の第一歩となる入門本になります。

見てわかるUnityゲーム制作超入門
 出版:秀和システム
 著者:掌田 津耶乃
 公式サイトはこちら

金もない、時間もない、プログラムもわからない。それでも3Dゲームが作りたい人におすすめする無料の3Dゲーム制作ソフト「Unity」の解説書です。プログラミングを知らなくても3Dゲームが作れる、イラストが描けなくても出来合いのクールなモデルをダウンロードすればかっこいい画面が作れる、そんな夢のようなソフトがUnityです。本書は、Unityの多彩な機能のなかからゲームを作る機能に絞って、難しいプログラミングの話はせずに、説明のとおりに手順を踏めば誰でもゲームが作れるように解説しています。今すぐ3Dゲームを作りたいという、あなたの夢がかないます。Windows/Mac両対応、Unity4対応。サンプルプログラムのダウンロードサービス付き。

これからUnityを学ぼうとする学生はもとより、新たにUnityを習得するためのエンジニアの方、企画・制作進行職やCGデザイナー職の方にもおすすめの一冊です!

samnale_blog130701

Unite Japan で行われたセッションのうち新たに3セッションが一般公開されました(7/1公開分)

samnale_UniteFlyer

4月15-16日に行われた大規模カンファレンス「Unite Japan」でのセッションのうち、下記3点が一般公開されました。イベントに足を運べなかった方も、この機会にぜひご視聴ください!

Unite Japan 2013 公開動画

■『作って壊す』を繰り返せ! Unity スパイラル開発テクニック(カジュアルゲーム)
視聴ページはこちら
登壇者:佐々木宣彦(ポケット・クエリーズ)
Unityの特性を生かしたスパイラル開発とは?短期間(3ヶ月間)で 3回の大幅作り直しを行う為には何が必要か? カジュアルゲーム(4月中旬リリース予定)を題材に、以下の実践事例をご紹介 / 動く企画書を作りまくれ!(簡易サンプル製作による操作感・爽快感の検証事例説明) / 小さく作って使い回せ!(スクリプト、アセット等の製作単位と効果説明)/ 本番仕様のゲームロジック製作事例(作り直した 3つのゲーム仕様のゲーム構造の説明)

■Unity とのデータ連携 〜初めてのモーションキャプチャ& Maya Tips
視聴ページはこちら
登壇者:池田隆行 × Thomas van Els × 小山忠彦 × 小林信行(ゼロシーセブン × Xsens Technologies B.V. × テレビ朝日クリエイト × ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
Unityを使っていく中で、ワンステップアップできるノウハウをご紹介します。今回は特に質問の多いモーションキャプチャデータの Mecanim への取り込みや Maya カメラパスの Unity への組み込みを中心に、実演を交えながら各ワークフローをご紹介致します。

■スマホゲームアプリの海外最新トレンド、プロモーションおよびマネタイズ
視聴ページはこちら
登壇者:神田裕介(タップジョイ・ジャパン)
北米、韓国など海外主要マーケットにおけるスマホアプリの動向、特にそのプロモーション方法の最新トレンドを概説します。具体的に、リワード広告を使い数十分の実装時間でアプリ内課金の売上を 20%増やした事例や、高額なランクブーストではなく、良質なユーザーを獲得する手法などを説明します。更に、アプリ開発者(LinkKit 社様)にも登壇頂き実際の経験も共有頂きます。