Unity43

皆さん、お元気ですか? Unityの小林です。

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのオフィスがある六本木でも、ハロウィンが終わった翌日から、来月のクリスマスに向けて模様替えの真っ最中です! さすがに早すぎるような気もしますが、そんなのんびりしたことを言っていると、あっという間に来年がきてしまいますよ!

ということで、今年残り2ヶ月以内に予定されています、Unityコミュニティ周りのイベント&ニュースを早めにチェックしてみました。気になるイベントがあったら、どんどん予定に組み込んでいってくださいね!

【まもなく公開:Unity 4.3】

なんといっても大ニュースは、まもなく公開予定のUnity 4.3です。

数字的にはマイナーバージョンアップにみえますが、Mecanimでアニメーションイベントが組めるようになったり、ブレンドシェイプに正式対応したり、さらには2Dゲームを今までよりもはるかに簡単に組めるようになるネイティブの2Dエディタおよびツールキットの搭載と、とにかく盛りだくさん。正直、これはメジャーバージョンアップ級と言っても言い過ぎではありません!

そうそう。MonoDevelopもUnity 4.3より、MonoDevelop 4.0.1に一気に2段階バージョンアップ。より洗練されたスクリプト作成環境が整いました!

【第7回テックヒルズでUnity 4.3をご紹介!】

Unity 4.3の詳しいご紹介を、11月12日に開催されます第7回テックヒルズのほうで、UTJの安藤さんが行います!
新機能について質問がある方は、こちらのイベントもチェックしてみてくださいね!

これを機に、Unity 3をいまだお使いの皆さんも、Unity 4にアップグレードしてみてはいかがでしょう? アップグレードはこちらへどうぞ!

【Uinty 4.2.2:iOS 7向けにゲームコントローラをサポート】

公開中のUnity 4.2.2はお使いいただいていますでしょうか?

Unity 4.2.2では、iOS 7より提供予定のゲームコントローラが、早くもサポートされてます。
英語版のブログのほうで、サポート状況に関して詳しい情報が載ってますので、ご紹介いたします。

詳しい内容は、参考コード付きの本文を読んでいただくとして、皆さんが疑問に思うようなFAQを簡単にまとめておきますと、

  • Unityの標準的なInput APIから、直接iOSゲームコントーラAPIを叩けます。
  • ゲームコントローラAPIはiOS7以降のサポートですが、Unityから使う際には特に意識することなく、必要に応じてゲームコントローラを使うフレームワークがロードされるような仕組みになってます。同様に、それ以前のiOSではフレームワークはロードされません。
  • とはいっても、ゲームコントローラのみ対応のゲームを作ってはいけません。ゲームコントローラを持っていないユーザーへの配慮は必須事項です。
  • ゲームコントローラおよびUnityのInput APIについての詳しい説明は、各リンク先を確認してください。

使い方ですが通常のUnityのInputクラスを使えば、後はUnityのほうでよいように設定してくれますので、特に意識をする必要はないそうですよ。

スマホ向けゲームとは言っても、やはりゲームコントローラが使えた方が没入感が高まります。各種ゲームコントローラが市場に投入されたら、早速試してみたいものです!

詳しい使い方について質問がある方は、サポートまでお問い合わせください!