Unity_for_PSM_940x200

PlayStation®Mobile(PSM)のパブリックプレビューと時間を空けずに、Unity for PSMのオフィシャルリリース版を発表できることを、大変嬉しく思っています!

本当に無料なんですか?

その通りです。しかもとりわけ素晴らしいニュースですが、史上初めて、PSMデベロッパープログラムに参加している方ならば誰もが、PlayStation®Storeに自作のUnity製コンテンツをパブリッシュ出来るばかりでなく、完全に無料でPlayStation®Vita(PS Vita)向けに開発できるようになります。

開発キットも必要ないですし、手数料もかかりません。しかもPSM向けビルドオプションは、無料版のUnityとUnity Proの両方で機能しますので、あなたは1円も追加コストを払うことなしに、あなた自身のゲームをPS Vita向けに開発し、デプロイすることができるのです。

新機能について

とりわけUnity for PSMにはビルドオプションとして、アプリ内購入の各種APIがありますので、PlayStation®Store向けにF2Pコンテンツを提供するのはとても簡単です。さらに、Unity for PSMでは、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の新しいエンターテインメントシステムであるPlayStation®Vita TV向けに配信できるビルドオブションが利用できます。 すでにパブリックプレビュー版をダウンロードしている皆様は、数々のバグフィックスがなされていることにお気づきかと思いますが、それに加えてさらなるパフォーマンスの向上と、デバイス上でのスクリプトデバッグができるようになっています。

どうすれば手に入りますか?

PSM向けのカスタマイズが加えられた専用Unityエディタを、ここからダウンロードしてください (将来的には、他のプラットフォームと同様に共通のUnityエディタに統合されることになります)。PSMにアプリをデプロイするためには、必ずSCEのサイトで登録をするようにしてください 。登録は、短時間で簡単にできます。PSM向けビルドはWindows版のUnityでのみ利用できます。

PSM向けデプロイは、UnityのPS Vita向けビルドオプションとどう違うのでしょうか?

PSM向けビルドオプションは、市販のPS Vitaに、素早く、シンプルかつ無償で開発ができるように設計されています。一方、既存のUnityのPS Vita向けビルドオプションは 、PS Vitaへの完全にネイティブなアクセスとPSNへのフルアクセスを提供するものです。さらにPS Vita向け開発キットの一部として、パフォーマンスおよびネィティブデバッギングツールの統合スィートである、Visual Studio インテグレーションと Razor CPU/GPU パフォーマンスツールも入手することになります。

何故、PS Vitaをターゲットにするのですか?

もしあなたが、コンソール開発に挑戦したいと考えているなら、 PS Vitaを開発ターゲットとすることは、PlayStation®プラットフォームでのやり方や決まり事に慣れるのに最もうまい方法だと言えるでしょう。しかも、手持ちのモバイルゲームをPS Vita向けに移植することはとても簡単なので、ぜひ挑戦してみてください!

Unity_for_PSM_800x425_b

* “PlayStation” は株式会社ソニー・コンピューターエンタテインメントの登録商標です。

本記事はUnity3D.comの記事「Unity for PlayStation®Mobile – full release!」を翻訳したものです。

Company News and Info、Technology、Erik Hemming が投稿 (投稿日:2014 年 6 月 20 日)