Unity 5 への対応が必要な可能性があるアセットについて

Unity 5 でアセットを購入・ダウンロードする際に “Possible incompatibility with Unity 5” というメッセージ画面が表示される場合があります。

incomp

これは、Unity 4 と Unity 5 の両対応(以下、コンパチブル対応)にはなっていない旨をお知らせするメッセージです。
アセットに以下のいづれかが含まれる場合、かつ、下表に示す条件においてのみ、Unity 5 のアセット利用者さまに注意を促すために表示させています。

・マネージャーアセット
・ベイクしたライトマップ
・スクリプト
・コンパイルされたアセンブリ

これらのコンパチブル対応が必要なアセットとユーザーさまの Unity のバージョンによってダウンロードできる、アセットのパッケージバージョンの対応表は以下の通りです。

ユーザーの Unityバージョン
Unity 4 Unity 5
アセットのパッケージ内容 Unity 4 のみ メッセージ非表示
Unity 4 用を DL
メッセージ表示
Unity 4 用を DL
Unity 5 のみ ダウンロード・購入
リンク非表示
メッセージ非表示
Unity 5 用を DL
Unity 4 / 5 コンパチブル メッセージ非表示
Unity 4 用を DL
メッセージ非表示
Unity 5 用を DL

 
コンパチブル対応が必要な 4項目については Unity 4 から Unity 5 へバージョンアップした際にその機能向上に伴って設計・仕様を刷新しておりますので、従来のままでは正常に動作しない可能性があります。
該当するアセットにつきましては、Unity 5 に適応する対応が必要です。

なお、コンパチブル対応が必要な 4項目をアセットで使用していても、そのままでも Unity 5 で正常に動作するアセットもあります。
その場合でも、Unity 5 のユーザーさまが対象のアセットを利用しようとする際にコンバートのプロセスが走りますので、ユーザーさまにとって不安を与える懸念や時間を取らせる可能性が考えられます。
アセット側でコンパチブル対応を行っていただくことをお勧め致します。
 

アセットの Unity 5 対応について

Unity 4 から Unity 5 へアップグレードする際に必要な対応は下記 URL のページ内にまとめております。

Unity 5.0 Upgrade Guide
http://docs.unity3d.com/Manual/UpgradeGuide5.html
※ 左側メニューの + をクリックすると関連項目のリンクがドリルダウンします。
※ 現在、日本語への翻訳を鋭意進めております。

ご一読の上、ご対応くださいますようお願いいたします。

コンパチブル対応について

コンパチブル対応とは、Unity 4 と Unity 5 それぞれに対応している状態のアセットを指しています。
Unity Asset Store の内部では、それぞれ別々のアセットとして格納されます。
ブラウザや Unity エディターの Asset Store ウィンドウからはその区別無く同じアセットとして見えます。
ユーザーさまが Unity エディターの Asset Store ウィンドウからアセットを購入・ダウンロードしようとした際に、ユーザーさまの Unity のバージョンをアセットストア側が自動判別して、Unity 4 から購入・ダウンロードしようとした際には Unity 4 用のアセットを、ユーザーさまが Unity 5 から購入・ダウンロードしようとした際には Unity 5 用のアセットを、それぞれダウンロードさせる仕組みです。

コンパチブル対応の方法

・Unity 4 用のアセットの準備
Unity 4 用のアセットのバージョンアップを同時に行わない場合にはこのステップを飛ばして次へ進んでください。
Unity 4 上で Unity 4 用のアセットのバージョンアップ対応を終えましたら、動作テストを行っていただいたりデモシーンの再生テストなどを行っていただいた上で、エラーやワーニングなどが発生しないことをご確認ください。
エラーやワーニングが発生しない状態になりましたら次のステップに進みます。

・Unity 5 用のアセットの準備
Unity 5 上でアセットの Unity 5 への対応を終えましたら、動作テストを行っていただいたりデモシーンの再生テストなどを行っていただいた上で、エラーやワーニングなどが発生しないことをご確認ください。
エラーやワーニングが発生しない状態になりましたら次のステップに進みます。

・Publisher Administration 画面での準備
ブラウザで下記 URL にアクセスして Publisher Administration 画面にログインします。
ここでご入力いただくメールアドレスとパスワードは、Unity や Unity Asset Store のログインアカウントではなく、初めてアセットの出品を仕様となさった際にお作りいただいた Unity Asset Store Publisher アカウントです。

Publisher Administration
https://publisher.assetstore.unity3d.com

publisheradministration_web

ログインしますと“Packages”タブが開いた状態になっています。
“Packages”欄の下に並ぶアセット名から、コンパチブル対応をする対象のアセットの文字をクリックします。

select_package

画面右下にある [Create New Draft] ボタンをクリックします。

createnewdraft

ドラフト情報の作成のページに進みますので、下記の項目にそれぞれ必要事項をご入力ください。

draftinfo

・Summary:Version
現在のアセットのバージョン番号よりも大きい数値になるように新しいバージョン番号をご入力ください。

・Summary:Version changes
リリースノートとして、Unity 5 に対応した旨を新しいバージョン番号と共に追記してください。
例: Unity 5 support.

Unity 4 用のアセットのバージョンアップを同時に行う場合には、既存のパッケージを削除します。
画面右側の Unity Package 欄に表示されているアセットの中から、削除するアセットの右側にある [Remove] ボタンをクリックして削除します。

old_package_delete

ここまでの作業を保存するために [Save] ボタンをクリックします。
 

・Metadata & Artwork
各言語の欄の右にある Metadata 列の“Edit”をクリックします。
メタデータの編集画面が開いたら“Description”の枠内の上部の目立つ場所に Unity 5 に対応した旨を追記してください。
英文例: Unity 5 support.
和文例: Unity 5 に対応。動作確認済み。

編集が終わったら、画面下部の [Save] ボタンをクリックして“Metadata saved”と表示されたメッセージ画面を [OK] ボタンで閉じ、画面左上にある [Go Back] ボタンをクリックしてドラフト情報作成画面に戻ります。

キーイメージやデモビデオ、スクリーンショットの差し替えなどを行う際は、それぞれこの画面から行うことが出来ます。
 

・Unity 4 上でアセットを Asset Store Tool からアップロード
※ Unity 4 用のアセットのバージョンアップを同時に行わない場合にはこのステップを飛ばして次へ進んでください。
Unity 4 のエディターを起動し、上部のメニューバーにある AssetStoreToolメニューから Package Upload を選択します。

assetstoretool-v4

“1. Select a package”の枠内に表示されているアセットのうち、今回コンパチブル対応をするアセットを選択します。
“2. Select assets folder”の下の [Select…] ボタンをクリックし、コンパチブル対応を行う対象のアセットが格納されているフォルダを指定します。
“4. Upload package”ボタンをクリックしますと、Unity Asset Storeの審査提出用のアップロードが始まります。
アップロードのプログレスバーが 100% まで伸び、アップロードが完了しましたら Asset Store Tool を閉じます。
 

・Unity 5 上でアセットを Asset Store Tool からアップロード
Unity 5 のエディターを起動し、上部のメニューバーにある AssetStoreToolメニューから Package Upload を選択します。

assetstoretool-v5

“1. Select a package”の枠内に表示されているアセットのうち、今回コンパチブル対応をするアセットを選択します。
“2. Select assets folder”の下の [Select…] ボタンをクリックし、コンパチブル対応を行う対象のアセットが格納されているフォルダを指定します。
“4. Upload package”ボタンをクリックしますと、Unity Asset Storeの審査提出用のアップロードが始まります。
アップロードのプログレスバーが 100% まで伸び、アップロードが完了しましたら Asset Store Tool を閉じます。
 

・Publisher Administration 画面から審査提出
ドラフト情報の作成ページの画面中段右側の “Unity Package” 欄に Unity 4 用のアセットと Unity 5 用のアセットが表示されます。
この画面を開いたままAsset Store Tool でアセットをアップロードなさった際には、右上の [Refresh] ボタンをクリックしてください。

new_uploads

・販売権利の宣言
準備が整いましたら、対象のアセットを販売する権利を有していることを宣言するために画面右下の“I own the rights to sell these assets”の右隣にあるチェックボックスをクリックしてチェックを付けます。

・審査提出
念のため登録事項を再確認してから、問題なければ画面右下の [Submit package for approval] ボタンをクリックします。

submit_package
 

少し時間をおいてから、ご登録いただいているメールアドレス宛にアセットの提出を受け付けた旨の英文のメールがお手元に届きますので、ご確認ください。

審査が完了しますと、コンパチブル対応が完了です。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。