インディーズゲームとゲーム実況の融合ステージ『インディーズゲームフェス2013』
ゲームのプレイアブル展示とステージ内容を一挙公開

logo

マルチプラットフォーム向け統合ゲーム開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、独立系のゲーム開発者やクリエイターによって制作された“インディーズゲーム”と、急激な盛り上がり見せている“ゲーム実況”を融合させた、新しいスタイルのステージイベント『インディーズゲームフェス2013』(東京ゲームショウ2013インディーズゲームコーナー内で開催)のゲームのプレイアブル展示、ステージ内容を一挙に公開いたしました。

ステージにて紹介するインディーズゲームをプレイアブル展示

インディーズゲームコーナーでは50インディーズゲームフェス2013のメインステージ横では、ステージで紹介された数々のインディーズゲームタイトルが、その場で遊べるプレイアブル展示を行います。ステージに出演される各開発者の方々と直接会って、お話が聞けるチャンスも!?

< ステージで紹介する主なインディーズゲームタイトル >

∀kashicverse-Malicious Wake- (エンドレスシラフ) / アスタブリード (えーでるわいす) / ヤタガラス4.3 (ヤタガラス開発チーム) / ダウンタウン熱血どっじぼーる (Miracle Kidz) / みかたま (ドグマ風見、ハンゲ太郎、桃知みなみ)/ CaveStory+(洞窟物語) (開発室Pixel) / 東方輝針城 ~ Double Dealing Character. (上海アリス幻樂団) / 東方心綺楼 ~ Hopeless Masquerade.  (黄昏フロンティア) /青鬼 (noprops) / ぼくらの大革命! (木星ペンギン)

0913

 

ステージ内容を一挙公開!

 先日発表したステージ内容に加えて下記の開催が決定しました。

※一部タイムテーブルが変更となっているため、改めて全タイムテーブルを公開いたします。

・最強実況プレイ 3rd STAGE / Extra STAGE feat.ニコニコ自作ゲームフェス

 インディーズゲームをネットで人気の実況プレイヤーが実況紹介!

ゲームの鉄人 powered by Unity with オートデスク 1st ROUND / 2nd ROUND

 業界の凄腕プログラマー達が30分間で即興ゲームを作るメイキングバトル!

・最強実況プレイ センス・オブ・ワンダーナイト

 見た瞬間、誰もがはっと、自分の世界が何か変わるような感覚を引き起こすゲームのコンテスト、その受賞作品を実況プレイ!

 9月21日(土) 開催

10:00~10:50

Introduction 展示作品紹介コーナー

10:50〜11:40

最強実況プレイ 1st STAGE
怪物コンテンツ「東方Project」開発者である「上海アリス幻樂団」のZUN氏と、ハイクオリティなシューティングゲームを開発しつづけている同人ゲームサークル「えーでるわいす」のなる氏がステージに登場!シューティングゲームを愛してやまない男たちの見逃せないライブトークがはじまる!
【ゲーム作品(出演開発者)】 東方輝針城(上海アリス幻樂団) / ∀kashicverse-Malicious Wake-(エンドレスシラフ) / アスタブリード(えーでるわいす)

11:40〜12:00

Introduction 展示作品紹介コーナー

12:00~12:45

ゲームの鉄人 powerd by Unity with オートデスク ~1st ROUND~
業界の凄腕プログラマー達がゲーム開発ミドルウェア・Unityと、あのオートデスク社の新型モデリング&アニメーション制作ソフト「Autodesk® Maya LT™ 2014」のサポートを受け、30分間で即興ゲームを作るメイキングバトル!理系エリートのここでしか見られない神業開発を見るまたとないチャンス!
【出演開発者】 Unity仮面、高橋啓治郎、小林信行(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)、長谷川真也(オートデスク) 【特別出演】岸明日香(東京トイボックス)

12:45〜13:00

Introduction 展示作品紹介コーナー

13:00〜13:20

インディーズゲームスペシャルライブステージ TRACK.01
【出演サークル】 幽閉サテライト / A-One

13:20〜13:25

Introduction 展示作品紹介コーナー

13:25~14:00

インディーズゲーム・エキシビジョンマッチ feat.ヤタガラス
名作格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ」を開発したドット職人が送る、21世紀最新の2Dドット格闘ゲームがあった!プロゲーマーであるハイタニ氏を招き、実況プレイヤーとの激闘(?)が繰り広げられる!
【ゲーム作品(出演開発者)】ヤタガラス4.3(ヤタガラス開発チーム) 【特別出演】板橋ザンギエフ / ハイタニ

14:10〜14:15

Introduction 展示作品紹介コーナー

14:15~14:45

最強実況プレイ 2nd STAGE
ファミコン時代の懐かしの名作アクションゲーム「くにおくん」シリーズの開発者は今も職人気質のものづくりを続けている!おもしろいゲームをつくるのが生き甲斐、そんな熱い男がゲームデザインを語る!
【ゲーム作品(出演開発者)】 ダウンタウン熱血どっじぼーる(Miracle Kiz) / They Bleed Pixels(Spooky Squid Games) / Space Qube(Qubit Games)

14:45〜15:00

Introduction 展示作品紹介コーナー

15:00~15:30

最強実況プレイ 3rd STAGE
インディーズゲームの広がりは日本だけじゃない!東京ゲームショウ2013のインディーズゲーム展示コーナーの出展を目指し、海を越えて来日したクリエイターとゲームタイトルを一挙紹介!
【ゲーム作品(出演開発者)】 Tengami(Nyamyam) / Crypt of the NecroDancer(Crypt of the NecroDancer) / MilitAnt(XIBALBA STUDIOS)

15:30〜15:45

Introduction 展示作品紹介コーナー

15:45〜16:05

インディーズゲームスペシャルライブステージ TRACK.02
【出演サークル】 セブンスヘブンMAXION+MHS / Plutinum Crest powered by Silver Forest

16:05〜16:10

Introduction 展示作品紹介コーナー

16:10~16:40

実況プレイヤーによるゲーム開発・真夏の鬼合宿レポート!
ドグマ風見が、ハンゲ太郎が、そして、桃知みなみがゲーム開発に挑戦!? 実況プレイヤーのセンスが炸裂する(?)カオスなゲームがここに誕生!鬼合宿で自作ゲーム開発の可能性が見えた!
【ゲーム作品(出演開発者)】 みかたま(ドグマ風見、ハンゲ太郎、桃知みなみ)

16:40〜16:45

フィナーレ オールキャスト出演

※ステージの内容は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

9月22日(日) 開催

 

10:00~10:50

Introduction 展示作品紹介コーナー

10:50~11:40

最強実況プレイ 4th STAGE
日本のインディーズゲーム開発の最前線、ストイックに情熱を燃やし、ものづくりを続けるクリエイターがお出まし!今の日本で自由にゲームをつくるとはこういうことだ!
【ゲーム作品(演出開発者)】 LA MULANA(NIGORO) / モンケン(チーム・モンケン) / CaveStory+

11:40〜12:00

Introduction 展示作品紹介コーナー

12:00~12:45

ゲームの鉄人 powerd by Unity with オートデスク ~2nd ROUND~
業界の凄腕プログラマー達がゲーム開発ミドルウェア・Unityと、あのオートデスク社の新型モデリング&アニメーション制作ソフト「Autodesk® Maya LT™ 2014」のサポートを受け、30分間で即興ゲームを作るメイキングバトル!理系エリートのここでしか見られない神業開発を見るまたとないチャンス!
【出演開発者】 Unity仮面、山村達彦、小林信行(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)、長谷川真也(オートデスク)

12:45〜13:00

Introduction 展示作品紹介コーナー

13:00〜13:20

インディーズゲームスペシャルライブステージ TRACK.03
【出演サークル】 ZYTOKINE / EastNewSound

13:20〜13:25

Introduction 展示作品紹介コーナー

13:25~14:00

インディーズゲーム・エキシビジョンマッチ feat.東方心綺楼
「東方Project」第13.5作目、黄昏フロンティアによる対戦弾幕アクションゲームを黄昏フロンティアスタッフ、ゲーム実況プレイヤー、プロゲーマー、そして博麗神主ZUNが(?)エキシビジョンマッチ!幻想郷で繰り広げられる果てなき宗教戦争をキミは目撃する!
【ゲーム作品(出演開発者)】東方心綺楼 ~ Hopeless Masquerade.(黄昏フロンティア)【特別出演】板橋ザンギエフ、かみじー

14:00〜14:15

Introduction 展示作品紹介コーナー

14:15~14:45

最強実況プレイ Extra STAGE feat.ニコニコ自作ゲームフェス
ドワンゴが送る、今もっとも勢いのある自作ゲームコンテスト、それがニコニコ自作ゲームフェス!次世代クリエイターの登竜門で受賞した2タイトルと、ニコニコ動画で爆発的な再生数を誇る怪作インディーズゲーム「青鬼」を紹介!
【ゲーム作品(出演開発者)】 TorqueL prototype 2013.03 @ E3(FullPowerSideAttack.com) / 青鬼 / ぼくらの大革命!

14:45〜15:00

Introduction 展示作品紹介コーナー

15:00~15:30

最強実況プレイ センス・オブ・ワンダーナイト 2013ファイナリスト作品発表
「センス・オブ・ワンダーナイト(SOWN)」は“見た瞬間、コンセプトを聞いた瞬間に、誰もがはっと、自分の世界が何か変わるような感覚”=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こすようなゲームのアイデアを募集するコンテスト!ゲームデザインの新しい領域を開拓する者たちがステージに集結する!
【ゲーム作品(出演開発者)】 Framed(Boggs Joshua) /  Mirage(Mario.von Rickenbach)

15:30〜15:45

Introduction 展示作品紹介コーナー

15:45〜16:05

インディーズゲームスペシャルライブステージ TRACK.03
【出演サークル】 ZYTOKINE / EastNewSound

16:05〜16:10

Introduction 展示作品紹介コーナー

16:10~16:50

インディーズゲーム・トークライブ 〜クリエイター達が語るゲームづくりの世界〜
ゲームづくりとはどんな世界なのか?大手ゲームメーカーで、中小の開発会社で、はたまた個人で……ゲームづくりの道を歩む男たちが、激動のゲーム業界の今、そして未来を語る。おれたちのゲームはどこへ向かうのか?
【出演者】 稲船敬二(concept) / 遠藤琢磨(アクワイア) / 南治一徳(ビサイド) / 馬場功淳(コロプラ) /楢村匠(NIGORO) / 飯田和敏(チーム・モンケン) / なる(えーでるわいす) / Nicolai(エンドレスシラフ) /ZUN(上海アリス幻樂団) / 木村祥朗(オニオンゲームズ) / 大前広樹(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)

16:50〜17:00

フィナーレ オールキャスト出演

※ステージの内容は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

ステージに加えて2つの生放送。ニコニコ生放送で3チャンネル同時中継。

イベント開催中の2日間ともに、メインステージに加えてステージ横に2つの生放送部屋を設置、メインステージでご紹介したインディーズゲームと連動したニコニコ生放送をお届けします。

 

 niconico_bpx1 メインチャンネルインディーズゲームフェスのステージイベントを完全生中継!M.S.S.Project、最終兵器俺達、しゃけとりくまごろう、そしてゲーム開発者自らによるゲーム紹介をはじめ、数々のステージイベントを見逃すな!

番組視聴URLはこちら >
http://indiegame-fest.com/broadcast01/

 niconico_box3 ZUNの部屋チャンネル上海アリス幻樂団のZUN氏がステージ脇の特設スペースに2日間を通してスタンバイ!博麗神主が盟友・木村祥朗氏とユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの大前広樹氏とともにステージを盛り上げるぞ!番組視聴URLはこちら >
http://indiegame-fest.com/broadcast03/
 niconico_box2 実況主の部屋チャンネル有名ゲーム実況プレイヤーが、ステージで紹介しきれないゲームの面白さをリアルタイムで実況プレイ!プラスチック張りの特設ブースでは彼らの実況プレイを間近で見守ることができるぞ!生放送につきもののハプニングを見逃すな!番組視聴URLはこちら >
http://indiegame-fest.com/broadcast02/

※各ニコニコ生放送の放送チャンネル等については、後日詳細を発表いたします。

 

最終ステージは、2日間の締めくくりにふさわしい豪華ゲストクリエイターによる、これからのゲーム業界を語るトークライブ。

インディーズゲーム界隈の開発者と、コンシューマ&モバイル業界の開発者が一同に会し、なぜゲームをつくっているのか、今、そしてこれからのゲーム業界について何を思うのか。開発者それぞれの哲学や思いを語ります。稲船敬二氏(株式会社comcept)をはじめ、豪華ゲストクリエイターたちが、インディーズ開発者の面々とトークする貴重なステージです。

出演ゲストクリエイター

 inafune 稲船敬二
株式会社comcept CEO/コンセプター。1965年、大阪生まれ。株式会社カプコンに入社後、「ロックマン」、「バイオハザード2」、「ロストプラネット」、「デッドライジング」など、世界を舞台にミリオンセラーを連発し、熱心なファンを持つカリスマクリエーターとなった。カプコンの常務執行役員への就任を経て、2010年に株式会社comceptを立ち上げる。現在、Game Trailers.comで発表されている世界ゲームクリエイターランキング9位。稲船敬二の強みは、その類稀なるコンセプトメイキングの才能である。
 baba 馬場功淳
株式会社コロプラ 代表取締役社長。1978年1月7日生 兵庫県出身。九州工業大学卒業後、大学院博士課程の2003年に『コロニーな生活』を開発、その後『コロニーな生活☆PLUS』を提供開始。個人で運営しながらIT企業で勤務していたが、2008年に株式会社コロプラを設立。移動の創出から地域・日本が元気になることを目指し、位置ゲーを主軸にいくつものリアル連携を展開。スマートフォンという端末を活かした「エンターテインメント」で世界ナンバーワンになることを目標に取り組んでいる。
 nanji 南治一徳
1990年、大学進学で上京し、その大学の仲間と趣味でゲームを作り始める。卒業後、ゲーム会社に就職するも、友人たちを中心に作ったチームでSCEのオーディション「ゲームやろうぜ!」に応募し合格。あまたの没企画を経て、1999年に『どこでもいっしょ』を企画&制作。人気キャラクター「トロ」が誕生することになり、現在も『どこでもいっしょ』シリーズを制作中。 最近は、「拡散性ミリオンアーサーVita版」などで活躍中。
 endo 遠藤琢磨
大学卒業後、半年間の個人事業を経て、プレイステーションの登場とタイミングを同じくして法人化。もともと大学時代からインディーズゲームを制作する中で、好きが高じてゲーム会社「アクワイア」を立ち上げることになった。約19年間ゲーム会社アクワイアの代表取締役社長として就任。アクワイアとして初めての作品である『天誅』で企画・ディレクションを行い全世界で150万本のヒット。その後、数々の作品のではプロデューサーとして、数々の作品を生み出している。
 naramura 楢村匠
趣味で活動していた仲間たちで2007年に設立した日本のゲーム開発スタジオ。NIGOROサイト(http://nigoro.jp/)にて無料Flashゲームの公開、ゲーム配信を行う。
 iida 飯田和敏
1968年、東京都生まれ。95年『アクアノートの休日』(PlayStation)でディレクターデビュー。以降、『太陽のしっぽ』(PlayStation)、『巨人のドシン』(Nintendo64DD)、『ディシプリン*帝国の誕生』(wiiware)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 -サウンドインパクト- 』(PSP)、『LINEイージーダイバー』(LINE GAME)などを発表。既存のビデオゲームの概念にとらわれない斬新な作風で知られる。2011年には日本科学未来館の常設展示『アナグラのうた~消えた博士と残された装置』の演出を担当。現在はあさま山荘事件を題材にしたアクションゲーム『モンケン』を制作中。
 naru なる
主にコミックマーケットで活動している同人ゲームサークルです。・2007年 「ETHER VAPOR」 発売・2011年 「花咲か妖精フリージア」 発売・現在 「アスタブリード」 制作中
 Nicolai Nicolai
主にコミックマーケットやその他イベントなどでゲームを発表している、同人ゲーム製作サークルです。メンバー全員が現在現役学生であるのが特徴です。最近では「一人非零和無限未確定不完全情報ゲーム」と銘打った、∀kashicverse-Malicious Wake-というゲームを発表いたしました。

 

 

 

特別ゲストとゲーム開発の鉄人が、各ステージを盛り上げます。

ステージ内容にあわせて、特別ゲストとゲーム開発の鉄人が出演!ステージをさらに盛り上げます。

特別ゲスト

 itabashi 板橋ザンギエフ
2D・3D格闘ゲームをこよなく愛し、Razerスポンサード契約を交わしているプロゲーマー。大規模な大会で数々の優秀な実績を残している。頭脳派プレイヤーとして知られ、対戦相手の心理を読み取っているかのような絶妙な駆け引きを得意とする。投げキャラや重量級キャラを好む傾向にある。
 haitani ハイタニ
ストリートファイターシリーズ、ヴァンパイアシリーズ、KOFシリーズなど様々な2D格闘ゲームで優勝経験を持つ。
 kamiji かみじー
東方心綺楼の前々作、東方萃夢想の頃から弾幕アクションをやり込んでいる古参プレイヤー。全弾幕アクションシリーズ三作を通してプレイアブルキャラ「霧雨魔理沙」のトッププレイヤーであり、魔理沙使いの頂点と言えば真っ先に名前が上がるプレイヤーである。活躍は弾幕アクションのみならず東方原作STGのほうではトップスコアラーでもあったりと幅広く腕を発揮するマルチプレイヤーでもある。
 kishia 岸明日香
12年3月週刊プレイボーイのグラビアでデビュー。その後数々の雑誌でグラビアを飾り、発売されたDVDもヒットし話題となる。13年には第2期ドロリッチガールズ、パチンコメーカーDaiichiのイメージガールを務め、今後最もブレイクするグラビアアイドルの一人と期待されている。10月からのテレビ東京ドラマ「東京トイボックス」では阿部茉莉役で出演予定。
 hashimoto 橋本マナミ
1982年生まれ。山形県出身。T168・B86(Gカップ)・W60・H88。13歳でデビューし、現在はグラビアやバラエティ・ドラマなど幅広く活躍中。趣味は、ゴルフ、競馬予想、日本舞踊。フジテレビ「うまズキッ!」や、TBS 「サンデージャポン」など多数出演。また、9月14日公開、劇場版「ATARU -THE FIRST LOVE &THE LAST KILL-」 に出演中のほか、10月5日スタート毎週土曜23:55~TX連続ドラマ「東京トイボックス」に窪ノ内品子役でレギュラー出演。

 

ゲーム開発の鉄人

 takahashi 高橋啓治郎
大手ゲームメーカーに10年間在籍の後、独立。フリーランスのプログラマーとしてiOS/Androidアプリの開発に携わりつつ、Unityを使っての個人制作や、書籍の執筆等を手がける。現在はUnity Technologies Japanにエバンジェリストとして所属し、国内におけるUnityの伝導活動に勤しんでいる。
 yamamura 山村達彦
某SI社にて開発業務に従事、独立後はテラシュールウェアを立ち上げ、iPhone/Androidアプリ開発に携わりつつUnityの情報発信を積極的に行う。その後Unity Technologies Japan合同会社に就職、フィールドエンジニアとしてUnityユーザーのサポートとして今に至る。
 kobayashi 小林信行
最近はMayaを使うことが多い元コンシューマゲーム系クリエイティブディレクター。現在はUnityを通じて、ゲーム作りを楽しくしたいコミュニティエバンジェリスト。多くの原作付きキャラクターゲームの企画&開発に関わり、アニメ業界にも精通しています。代表作:『涼宮ハルヒの追想』『涼宮ハルヒの約束』『とらドラ・ポータブル!』
 unitymask Unity仮面
勢我、別名「龍の穴」という闇組織に囚われ、13年間一度も外に出ることなくゲーム開発を強いられる。その間「医煮紗瑠出異」「岩打無火逢怒美流堕」「惨獄死痕苦衛素吐」というゲームを作ったが、組織によって闇に葬り去られる。その後脱走し自由に自分のゲームを作ろうとするが、組織からの刺客と戦う日々を送る。得意技「オキュラス・リフト」「DAS (ダウンロード・アセット・ストア)」
 hasegawa 長谷川真也
オートデスク株式会社では、メディア&エンターテインメントに所属。ゲーム制作会社でモーションデザインを経た後、建築設計事務所では意匠設計および3次元設計を担当、オートデスクでは3dsMaxの技術営業後、現在、Mayaの技術営業に携わる。

 

インディーズゲームフェスとは

個人もしくは小規模の独立系ゲーム開発チームによってつくられた“インディーズゲーム”と、ゲームプレイヤーが喋りながらゲームをプレイする “ゲーム実況”を融合させたステージイベントです。メジャータイトルのお披露目の場であり、日本におけるゲームの一大イベントである東京ゲームショウにおいて、インディーズゲーム開発者、ニコニコ生放送等で人気のゲーム実況プレイヤー、ゲーム業界のベテランクリエイターらが一堂に集まり、熱狂的かつ今までにないステージイベントを繰り広げます。

 

イベント開催概要

日時 : 2013年 9月 21日(土) 、22日(日)
会場 : 東京ゲームショウ2013 インディーズゲームコーナー内 インディーズゲームフェス2013特設ステージ
幕張メッセ 9ホール  〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2−1
http://www.m-messe.co.jp/

 

インディーズゲームフェス2013 オフィシャル情報について

インディーズゲームフェス2013では、公式ウェブサイト並びに公式Twitterを公開しています。今後、イベント開催までの間、逐次情報を更新していきますので、是非ご注目ください。

インディーズゲームフェス2013 公式ウェブサイト
http://www.indiegame-fest.com/

インディーズゲームフェス2013 公式Twitterアカウント
https://twitter.com/indiegamefest

 

本件に関するお問い合わせ先:
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビルE12階 TEL: 03-5468-9914
担当:染谷翔 pr@indiegame-fest.com