Unity、2D 開発ツール群を含む 4.3 アップデートをリリース

2D 専用の開発ツールに加え、Mecanim アニメーションシステムの大幅な機能追加、Umbra 3 オクルージョンカリングのアップグレードなどを実施

 

unity43-header
マルチプラットフォーム向けゲーム開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、マルチプラットフォームエンジン/開発ツール Unity のバージョン 4.3 をリリースしました。
今回のアップデートには、要望の大きかった 2D 専用の開発ツールに加え、Mecanim アニメーションシステムへの大幅な機能追加、コードを一新した Umbra 3 オクルージョンカリングのアップグレードなど大幅な改良が含まれます。
Unity Technologies CEOのデイビッド・ヘルガソンは今回のアップデートにあたり、「新たに追加された 2D ツール群はデベロッパーの皆さまによる優れた 2D ゲームの開発を支援する重要なマイルストーンだと考えています。また、Mecanim の機能とパフォーマンスにも大幅な改良が加えられており、生産性を高める盛りだくさんのアップデートとなっています」とコメントしています。

2D 開発ツール群

Unity はこれまでも数多くの素晴らしい 2D ゲーム制作に活用されてきましたが、Unity 4.3 では新たに 2D ゲームの制作を念頭に置いて設計されたワークフローから構成される 2D 開発ツール群と概念が導入されています。
新たに追加されたスプライトテクスチャーのインポートモードや自動アトラス化機能、さらには 2D レンダラの最適化、シーン作成時のドラッグアンドドロップ操作対応などにより、2D アセットの操作や最適化作業はより簡単に   なります。

また Box2D 物理演算エンジンが Unity に統合されたことで、パフォーマンスと安定性が向上し、ゲームビルドのサイズをおさえることも可能になりました。この他スプライトテクスチャーからポリゴンコライダーが生成できるようになるため、高い精度を持ちながらも自由に編集できる物理コライダーメッシュが手早く作成できます。これはシーンにおけるオブジェクト間の物理的挙動をよりブラッシュアップする上で有用です。

Screen Shot 2013-11-08 at 12.14.47 Screen Shot 2013-11-08 at 12.20.13

Mecanim アニメーションの改良

本アップデートにより Unity を代表するキャラクターアニメーションスイートがさらに強力になりました。複雑なジオメトリーでも高精度かつリアルなモデルステート間のブレンドを可能にする Blend Shapes は、アニメーターの皆さまがさまざまなアニメーション、とりわけ感情豊かなフェイシャルアニメーションを制作する上で役立ちます。
またハイエンドなキャラクターアニメーション制作に関連するところでは、Mecanim と Animation Window(新機能ドープシートを含む)との完全な統合も果たしています。またシンプルなシーン要素のアニメーション付けや 2D スプライトのアニメーション、カメラ設定などにも対応したことで、Mecanim はより全方位的なアニメーションソリューションとなっています。

blink-big

その他の改良点

Unity 4.3 にはこの他にも多数のアップグレード/機能追加がなされています。代表的な主要改良点としては、動的な Navmesh 作成、複数キャラクターを(100 個のピースではなく)単一オブジェクトにまで削減する “Optimize Transform Hierarchy” 機能、MonoDevelop 4.0.1、プロジェクト単位でのエディターレイアウト保存、シェーダーに関する各種改良、Plastic SCM の統合、Windows Store Apps に関する多数のアップデートなどがあります。全改良点の一覧はリリースノートにてご確認いただけます。

Unity 4.3 ダウンロード

http://japan.unity3d.com/unity/download/

広報連絡先

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビルE12階
TEL:03-5468-9914
広報 / PR担当:松井悠 pr@unity3d.co.jp

Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。