『Unite 2016 Tokyo』基調講演の登壇者を発表

世界初となるVR空間でのUnite基調講演も実施

0017

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、同社が開催するUnity開発者や学生を対象とした大規模カンファレンス「Unite 2016 Tokyo」での基調講演の登壇者を発表いたしました。

 

Uniteとは

Unity ユーザーによる Unity ユーザーのための、最新の情報と実践的なセッションを提供する Unity 主催の公式カンファレンスです。プログラマーのみならず、アーティストやプランナー、ディレクターやマネージャー、学校関係者など様々な業種の方が参加し、内部開発者によるコアなテクニックや現地のエンジニアによる開発事例の紹介など、実践的な Unity 運用のノウハウを学ぶとともに、様々な展示ブースでUnityに関する最新の動向を知ることができます。また、ますます盛り上がりを見せているVR/ARコンテンツの体験やワークショップ、Unityエンジニアに直接意見をぶつけられるUnityなんでも相談所、Unityグッズがゲットできる物販コーナーまで、様々な特設エリアが設置される予定です。

 00111

昨年のUnite 2015 Tokyoの様子

基調講演に「PlayStation VR」の開発メンバー・吉田修平氏、「THE GIFT」の制作総指揮を担当した前田雅尚氏がゲスト登壇決定

4/4(月)に行われる基調講演では、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントのワールドワイド・スタジオ プレジデントである吉田修平氏、マーザ・アニメーションプラネット株式会社の代表取締役社長である前田雅尚氏の登壇が決定しました。

 

0014

左:吉田修平氏(株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント)

右:前田雅尚氏(マーザ・アニメーションプラネット株式会社)

 

吉田氏からはPlayStation VR の最新状況や、ジャンルを問わないVRコンテンツの広がりについての動向が語られ、前田氏からはハリウッドスタイルのCG映像制作ワークフローにUnityを取り入れた画期的な映像制作のチャレンジ経緯とその本質が語られます。

 

GDCで大きな話題を呼んだ「THE GIFT」の全編プレミア上映が決定

 

0016

 

さらに基調講演では、前田氏のゲスト講演にてGDCで発表され大きな話題を呼んだマーザ・アニメーションプラネット株式会社の短編映像作品「THE GIFT」を世界で初めて全編プレミア上映いたします。ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社と共同開発された映像制作向けパイプラインを用いて全編Unityでレンダリングされた最新のグラフィックス表現と、躍動感あふれる魅力的なキャラクターの動きや質感表現をぜひお楽しみください。

 

Unity Technologiesからは日本担当部長・大前広樹氏、本社開発チームのジョン・チェン氏、アンドリアーヌ・ムニエ氏が登壇決定

Unity Technologiesからは日本担当部長・大前広樹氏や本社開発チームのUnity Analyticsゼネラル・マネージャーのジョン・チェン氏、プロダクト・マネージャーのアンドリアーヌ・ムニエ氏が登壇し、Unityの新機能紹介や新たなサービス、事業展開を発表予定です。

 

0015

左:大前広樹氏

中央:ジョン・チェン(John Cheng)氏

右:アンドリアーヌ・ムニエ(Andréane Meunier)氏

 
講演タイムテーブル全体は下記URLよりご確認ください。

http://japan.unity3d.com/unite/unite2016/schedule

 

会場では日本国内初の展示となる「PlayStation VR」とOculusからリリースされた「Rift」の体験コーナーを設置

4/4(月)、4/5(火)のメインカンファレンス会場では話題のVR機器とそのコンテンツをVR EXPOエリアにて体験できます。どちらも本会では日本国内初の展示となりますのでこの機会にぜひご体験ください!
 

 0012

PlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール)

 

0013

Oculus Rift(オキュラス リフト)

 

基調講演ではソーシャルVRアプリ「cluster」によるバーチャル視聴が可能

基調講演はバーチャルイベントプラットフォーム「cluster」により、インターネットからVR空間を通して体験することができます。

 0011

clusterはイベントやカンファレンスに特化した、アバターでコミュニケーションをとるソーシャルVRアプリケーションです。バーチャル空間に用意された特設会場には巨大スクリーンが設置されており、あたかも本物の会場のように動画やスライドが映し出されます。参加者はバーチャル空間内を自由に歩きまわることができ、テキストチャットや「拍手」「笑う」といったエモーションジェスチャーでコミュニケーションをとることが可能です。

 

Unityで開発されたclusterはPCやモバイル、HMD機器などマルチプラットフォームに対応しており、Twitterアカウントがあれば誰でもすぐに利用することができます。Unite 2016 Tokyoの基調講演をclusterで体験するには、アプリケーションをダウンロードして4/3(月)10:30に起動するだけ!ぜひ次世代のソーシャルVRでのカンファレンスを体験してみてください!

 

cluster ダウンロードページ

https://cluster.mu/ja/download

 

会場内に特設されるUnityグッズショップではここでしか入手できないUnityグッズが多数販売

会場内のUnityグッズショップではUnityオフィシャルのグッズを多数販売いたします。ここでしか入手できないグッズもありますので、この機会にぜひお買い求めください。

 0011

ユニティちゃんモバイルバッテリー 12000mAh Unite 2016 Edition/5,000円

 

 0012

左:Unityモバイルバッテリー 4400mAh Type Grid/3,000円

右:Unityモバイルバッテリー 3200mAh Type Gradation/3,000円

 

0013

Unityプレミアムパーカー/7,000円

 

0014

ユニティちゃんTシャツ Type Project.C.K./3,000円

 

 0015

ユニティちゃんステッカー Type Project.C.K./500円

 

 0016

大鳥重工製ハコスコ/2,000円

 
 0017

キャラクターストラップ付き大鳥重工マップフォルダー

 

 0018

C89 ユニティちゃんCDセット/2,000円

 

 0019

ユニティちゃんデスクトップフィギュア/1,500円

 

メインカンファレンス会場では各講演の「S席チケット」を当日販売

DAY1、DAY2のメインカンファレンスでは各講演での入場および座席確保が行われる「S席チケット」を販売いたします。講演Room入場時の行列を気にすることなく講演をじっくり見たい、少しでも展示コーナーをまわりたい、トイレや食事の時間を確保したい、そんな場合には会場で「S席チケット」をお買い求めください。

 0018

項目 説明
S席チケットのメリット ・講演Room前方の「S席エリア」の座席が確保され、必ず座れます。
・入場時、通常待機列で待つことなく優先的に入場できます。
・該当する講演の直前のみ「S席ラウンジ」でのお飲み物および軽食が無料でご利用いただけます。
価格 1講演につき500円(税込)
会場内のエントランスにてイベント当日の9:00から販売(当日券のみ、前売りなし)
※S席チケットの購入は先着順となります。各講演でのチケット数がなくなり次第終了となりますのでお早めにお買い求めください。
※S席チケットはお一人様1セットまでのご購入とさせていただきます。買い占めや転売はご遠慮ください。
販売数 Room1:各講演80席/全800席
Room2:各講演40席/全400席
Room3:各講演25席/全250席
※販売枚数は変更となる可能性がございます。

 

メインカンファレンス会場は朝9:00よりアーリーオープン

開演は10:30からとなりますが、イベント会場のエントランスは9:00よりオープンいたします。各出展ブースではまだ準備が行われていますが、展示準備を終えたブースではコンテンツ等の体験ができる場合がございます。混雑する前に先行して体験をされたい方はアーリーオープンの時間帯にお越しください。

 0019

会場ではクロークでの荷物預かり、S席チケットの販売、軽食のサービス、休憩スペースの用意などを行っております。

 

プレス専用の作業ルームを設置 

 

00110

会場内ではプレスの方向けに机や電源、インターネット環境を備えたPRESS Roomを用意しております。プレスの方はご自由にお使いください。取材を希望される方は事前にフォームより必要事項をご記入いただきお申込みのうえ、イベント当日に会場受付にて下記の書類をご提示ください。

 

Unite 2016 Tokyo取材・プレスお申し込みフォーム

https://goo.gl/pwVdu4

 

・名刺 2枚

・社員証または運転免許証など、本人様の顔写真入りの証明書

 

Unityスキルを集中的に学べるトレーニングデイを前日に開催!

Unite 2016 Tokyoでは1日かけてユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのエンジニアからUnityスキルを集中的に学べる「トレーニングデイ」を4月3日(日)開催いたします。

0011

トレーニングデイでは2種類のコースのワークショップをご用意しております。どちらもUnity初心者や学生、プログラムの知識がないアーティスト、プランナーでも学ぶことができるものをご提供いたします。Unite 2016 Tokyoを前に、ぜひUnityのスキルアップを目指してください!

 

なお、4月4日(月)、5日(火)に行われるメインカンファレンスとはチケット別売りとなっております。参加をご希望の方は別途チケットをお買い求めください。また、コースAとコースBは同時に開催されますので、一度に受講できるのはどちらかひとつとなりますことをご注意ください。

 

Unite 2016 Tokyoトレーニングデイチケット販売ページ

http://unite2016tokyotd.peatix.com

 

協賛企業

 

プラチナ協賛

任天堂株式会社 / 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント / 日本マイクロソフト株式会社 / Oculus / インテル株式会社

 

ゴールド協賛

OPTPiX SpriteStudio(株式会社ウェブテクノロジ・コム) / オートデスク株式会社

Google Play / 株式会社CRI・ミドルウェア / ディライトワークス株式会社

Photon運営事務局 / PTCジャパン株式会社 / 株式会社モノビット / 株式会社Live2D

 

シルバー協賛

Vuzix Corporation

 

ブロンズ協賛

株式会社Aiming / 株式会社Cygames / サイバネットシステム株式会社

株式会社東陽テクニカ / トビー・テクノロジー株式会社 / Fictbox株式会社

 

ブック協賛

株式会社翔泳社 / SBクリエイティブ株式会社 / 株式会社ボーンデジタル

株式会社マイナビ出版

 

機材協賛

株式会社マウスコンピューター

 

パーティー協賛

日本マイクロソフト株式会社

 

開催概要

 

開催日時

2016年 4月 3 日(日)

トレーニングデイ:12:00-18:00予定

 

2016年4月4日(月)~5日(火)

メインカンファレンス:9:00~20:00予定

 

来場者数

トレーニングデイ:約300名規模

メインカンファレンス:約1500名規模/日

 

会場

ヒルトン東京お台場(旧・ホテル日航東京)

〒135-8625 東京都港区台場1-9-1

http://hiltonodaiba.jp/

 

Unite 2016 Tokyo公式サイト

http://japan.unity3d.com/unite/unite2016/

 

メインカンファレンスパス販売価格(2日間有効、税込)

早期割引キャンペーン価格(3/11まで予定)

一般 : 9,900円

学生 : 3,900円

 

通常価格

一般 : 19,900円

学生 : 7,900円

 

チケット販売ページ

http://unite2016tokyo.peatix.com/

 

トレーニングデイ/ワークショップチケット販売価格

コースA:Unityサービス実装ワークショップ

4,900円

 

コースB:ゲームアプリUI&2Dゲーム作りワークショップ

4,900円

 

チケット販売ページ

http://unite2016tokyotd.peatix.com/

 

※Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。

 

報道関係者の皆様へ

Unite 2016 Tokyoの取材を希望される方は事前に下記URL(または公式サイト内にございます「Unite 2016 Tokyo取材・プレス用申し込みフォーム」)より必要事項をご記入いただきお申込みのうえ、イベント当日に会場受付にて下記の書類をご提示ください。

 

Unite 2016 Tokyo取材・プレスお申し込みフォーム

https://goo.gl/pwVdu4

 

・名刺 2枚

・社員証または運転免許証など、本人様の顔写真入りの証明書

 

※ご提示いただけない場合、入場をお断りさせていただくことがございます。

 

広報連絡先

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビルE12階
TEL:03-5468-9914
広報 / PR担当:松井悠 pr@unity3d.co.jp