Unity 5最終バージョンとなるUnity 5.6、3月31日リリース予定

Unity 2017ベータ版のリリース時期、
Text Mesh Proの無料化・統合、Facebook Gameroom Premium対応についても発表

01

米国で開催中のGame Developer Conference 2017にて、ユニティ・テクノロジーズは、Unity 5の最後のバージョンとなる「Unity 5.6」を2017年3月31日にリリース予定であることを発表しました。

Unity 5.6のアップデート内容は以下の通りです。

 

Unity 5.6で追加される主な機能

  • プログレッシブライトマッパー

ライティングにおけるベイク時間を短縮し、イテレーションやテスト作業効率をあげます

  • VulkanグラフィックAPIのネイティブサポート

Windows、TizenとAndroidプラットフォームにおいてパフォーマンス向上とそれによる消費電力の削減をサポートします

  • 新しいビデオプレイヤー

スムーズな4K動画再生をサポートし、360度動画エクスペリエンスを可能にします

  • ナビゲーションメッシュシステムにAIとパスファインディング追加

広大なゲームシーンにおいて、キャラクターナビゲーションがより制御しやすいよう、AIとパスファインディングの機能が追加されました

  • Facebook Gameroomのサポート

ビルドのターゲットにFacebook Gameroomを直接指定できる他、Facebook GameroomのPremium Gamesとして、有料アプリを公開することができます。また、UnityのIAP機能が使用可能になります

 

Unity 2017.1ベータ版は4月にリリース予定

Unity 5.6のさらに次のバージョンとなる「Unity 2017」では、グラフィックス、パフォーマンス、プラットフォームサポート、安定性および作業効率において機能改善と新機能追加が行われます。また、アーティストやデザイナーなど、製品制作に関わるユーザー、例えばテクニカルアーティスト、ライティングアーティスト、アニメーターなどがコラボレーションしやすく、チームの生産性を向上するための新機能と機能改善が実装される予定です。Unity 2017.1ベータ版は4月にリリース予定です。

 

Unity 5.3以上を使用するユーザーはText Mesh Proの利用が無料に

01

現在、Unityアセットストアにて販売されている「Text Mesh Pro」を、Unity 5.3以上を使用するユーザーはUnityエディターから無料でダウンロードして使用できるようになりました。

Text Mesh ProとUnityエディターの統合はUnity 2017からを予定しています。

 

Text Mesh Proについて
Text Mesh Pro は、文字、行と段落の間隔、カーニング、テキストの位置揃え、追加のリッチテキストタグなどの機能を備えたテキストレイアウトコントロールツールです。カスタムシェーダーのセットとともに、高度なテキストレンダリング技術を使用しています。

https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/84126

 

ユニティ・テクノロジーズについて
ユニティ・テクノロジーズは、統合開発環境であるUnityを提供しています。Unityはゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェアで、パワフルなグラフィックエンジンと高機能なエディターで美しいゲームやアプリを作成し、迅速にモバイル端末・ホームエンターテイメントシステム・PC・組み込み機器などのマルチプラットフォームに対応させることができます。

2Dゲームを始め、本格的な3Dゲームやスマートフォンアプリ、AR(拡張現実)・VR(仮想現実)コンテンツなど、様々なデジタルコンテンツがUnityを使って日々作られています。また、Unity Asset Store・Unity Cloud Build・Unity Analytics・Unity Ads・Unity Certification・Unity Collaborate・Unity Connectなどの各種サービスも提供しており、これらを統合開発環境から使用することで開発者の生産性を向上し、プレイヤーとつながるためのソリューションやサービスを提供しています。ユニティ・テクノロジーズのソフトウェアとサービスは、全世界の大規模パブリッシャー、インディースタジオ、学生、ホビイストを含む数百万のユーザーに利用されています。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://unity3d.com/jp/

※Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。