Unity5最後のバージョンとなるUnity5.6がリリース

プログレッシブライトマッパー、新しいビデオプレーヤー、Nintendo Switchのサポートなど、新機能が追加

 

01

 

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、2017年3月31日(金)にUnity5.6がリリースされたことを発表しました。Unity5の最後のバージョンとなるUnity5.6をもってUnity5のライフサイクルは完了します。主な新機能は、プログレッシブライトマッパー(プレビュー)、新しいライトモード、Vulkanサポート、新しいビデオプレーヤー、Facebook GameroomとGoogle Daydreamのサポート、Nintendo Switchのサポート、などです。修正パッチは5.6のリリース後12ヶ月間提供される予定です。

 

 02

 

Unity 5.6 の主な新機能

  • プログレッシブライトマッパーのプレビューとライトモード
  • ナビゲーションメッシュ(NavMesh)システムでは経路探索と AI機能が改善
  • GPUインスタンシングの改善とコンピュートシェーダー
  • 新しい2Dツールと、2D物理演算の改善と新機能
  • VulkanサポートとWebAssemblyの実験的なサポート
  • アニメーションシステムとUIコンポーネントのデバッグとインターフェースの改善
  • パーティクルシステムのアップデートとパフォーマンスの改善
  • 新しいポストプロセススタック
  • 物理演算のデバッグを可視化し、貫通状態から戻る物理演算をカスタマイズできる機能を公開
  • 新しいビデオプレーヤーで4K動画再生と360度動画が可能に
  • Unity Collaborate(ベータ版)にオプション追加
  • TexMesh Pro無料化(Unityにネイティブ統合される予定)
  • サポートするプラットフォームの追加:Facebook Gameroom、Google Daydream、Google Cardboard、Nintendo Switch

 

詳しくはこちらのブログをご参照ください。
https://blogs.unity3d.com/jp/2017/03/31/5-6-is-now-available-and-completes-the-unity-5-cycle/

 

■ユニティ・テクノロジーズについて

ユニティ・テクノロジーズは、統合開発環境である「Unity」を提供しています。Unityはゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェアで、パワフルなグラフィックエンジンと高機能なエディターで美しいゲームやアプリを作成し、迅速にモバイル端末・ホームエンターテイメントシステム・PC・組み込み機器などのマルチプラットフォームに対応させることができます。

2Dゲームを始め、本格的な3Dゲームやスマートフォンアプリ、AR(拡張現実)・VR(仮想現実)コンテンツなど、様々なデジタルコンテンツがUnityを使って日々作られています。また、Unity Asset Store・Unity Cloud Build・Unity Analytics・Unity Ads・Unity Certification・Unity Collaborate・Unity Connectなどの各種サービスも提供しており、これらを統合開発環境から使用することで開発者の生産性を向上し、プレイヤーとつながるためのソリューションやサービスを提供しています。ユニティ・テクノロジーズのソフトウェアとサービスは、全世界の大規模パブリッシャー、インディースタジオ、学生、ホビイストを含む数百万のユーザーに利用されています。

※「Unity」に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://unity3d.com/jp

 

※Unityおよび関連の製品名はUnity Technologiesまたはその子会社の商標です。
※Nintendo Switchは任天堂の商標です。

 

広報連絡先

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビルE12階
TEL:03-5468-9914
広報 / PR担当:松井悠 pr@unity3d.co.jp