Unityカンファレンスイベント『Unite 2017 Tokyo』で
豪華クリエイター陣によるトークセッションを開催

第一線で活躍するメディアアーティストやインディー開発者が総勢12名集結

 KeyVisual_TalkSession

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、『Unite 2017 Tokyo』内で、業界の第一線で活躍するメディアアーティストやクリエイティブ・コーダーを6名、個人で活躍するインディーゲーム開発者を6名お招きし、新しい表現のあり方やコンテンツ開発の現在について語っていただきます。

また、新たに公開となった出展ブースの展示内容や、追加の講演、イベント中のコンテンツについても新たに発表がございます。

 

 

Uniteとは

Unity ユーザーによる Unity ユーザーのための、最新の情報と実践的なセッションを提供する Unity 主催の公式カンファレンスです。近年の来場者数の増加を受け、会場は有楽町の東京国際フォーラムとなります。来場者数規模は2日間で延べ約6,000名を予定。国内最大のUnityデベロッパーイベントとして開催いたします。ここでしか聞けない多数のテクニカルな講演をはじめ、最新のUnityコンテンツやVR/ARコンテンツ、様々なミドルウェアとの連携や非ゲーム分野での事例紹介、展示など、最新のUnity情報を数多く体験することができます。

 

Unite 2017 Tokyo公式Webサイト
https://unite.unity.com/ja/2017/tokyo

 

メインカンファレンスチケット購入はこちらから
http://unite2017tokyo.peatix.com

 

Unite Party(懇親会)チケット購入はこちらから
http://unite2017tokyoparty.peatix.com

 

Unite2016Tokyo_4Pictures2016年4月に開催されたUnite 2016 Tokyoの様子

 

 

 豪華クリエイター陣による90分のランチタイム・トークセッションを2種類開催

会場内特設Roomにて、業界の第一線で活躍するメディアアーティストやクリエイティブ・コーダーを6名、個人で活躍するインディーゲーム開発者を6名お招きし、新しい表現のあり方やコンテンツ開発の現在について議論を深めます。

トークセッションはエキスポパスでも聴講可能で、ランチボックスの販売も行います。お食事を楽しみながら、お気軽にお立ち寄りください。

 

■DAY1:インスタレーションからVJまで! アーティストに聞くUnityの“斜め上”活用術

ゲーム以外のフィールドで活躍する著名な6名のクリエイターをお招きし、新しい表現のあり方やUnityの可能性について語っていただきます。

talksession_day1

会場 東京国際フォーラム G502会議室
セッション名 インスタレーションからVJまで! アーティストに聞くUnityの“斜め上”活用術
登壇者 すぎの ひろのり
坪倉 輝明
岡田 隆志<株式会社ココノヱ>
神田 竜<backspacetokyo>
比嘉 了<backspacetokyo>
Saqoosha<dot by dot inc.>
モデレータ 斎藤 あきこ
池和田 有輔<ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社>

 

■DAY2:好きなゲームを作り続けるために、僕らは何をすべきか

たった一人で作家性に溢れたゲームを開発し、その価値を問い続ける方々をスピーカーとしてお招きする座談会形式のセッションを行います。移ろいやすい業界をタフに生き抜く秘訣や、インディーゲーム開発の明日について存分に語っていただきます。

talksession_day2

会場 東京国際フォーラム G510会議室
セッション名 好きなゲームを作り続けるために、僕らは何をすべきか
登壇者 一條 貴彰(Back in 1995)
大貫 真史(ACE OF SEAFOOD)
大橋 伸乃介(Missileman)
Sotaro Otsuka(TIME LOCKER)
ところにょり(ひとりぼっち惑星)
山本 勇太(Strange Telephone)
モデレータ 池和田 有輔<ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社>

 

 

一部のブースではデモ体験のための整理券を配布

混雑が予想されるブースでは、会場でデモ体験のための整理券を配布します。整理券は先着順となりますので、体験ご希望の方はお早めに!

 

■整理券配布が行われるブース

出展団体 出展内容
日本マイクロソフト株式会社 HoloLens の体験コーナーと通常のブース出展を行います。体験コーナーは会場内にて整理券を配布する形で行います。またブースでは HoloLens向けのアプリの開発方法などもご紹介します。ぜひお立ち寄りください!
Oculus 新登場のGear VR Controller対応コンテンツをお試しいただけます。
インテル株式会社 第 7 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーに最適化された、Unityを使用しているゲームのデモ展示を行います。
株式会社Cygames Cygames社内GameJamにて作成されたゲームコンテンツ「AGE AGE VR」の展示およびデモプレイを行います。本コンテンツはCygames社内にてVRおよびMRの研究題材として利用されており、検証の途中経過を展示する予定です。
DVERSE Inc. SYMMETRY alphaは、3D CADソフトSketchUpのファイルを最速でVR体験できる無料ソフトです。ブースでは、好きなSKPモデルを選んで頂き即VR世界に没入いただけます。あなたの夢を叶えるこの機会をお見逃しなく!
HTC NIPPON株式会社 2017年2月に開催されたMBSハッカソンで最優秀賞を獲得した「漫才VR」。Unity、VIVE、音声認識エンジンJulius、Ricoh THETAを組み合わせたVIVEコンテンツが関東初上陸!
maXim(株式会社 竹中工務店) 「イメージし…   備える」防災VR maXim(マキシム) による、災害のVR体験デモを行います。

 

■その他の出展ブースを一部ご紹介

出展団体 出展内容
任天堂株式会社 Unity for Nintendo Switch製タイトルの試遊を行います。
大日本印刷株式会社 Unityで開発したアプリのチート対策セキュリティ「CrackProof for Unity」のデモをおこなう他、アプリの自動監査製品、通信のセキュリティ対策製品など、幅広い製品を展示し、皆様をお待ちしています。
グーグル合同会社 Google Play のブースでは、VR と AR  デバイスをお試しいただけます。
Vuforia The Vuforia® augmented reality software platform enables digital content to be placed in real world environments. Vuforia includes easy-to-use workflows, SDKs, and cloud services for use with leading development tools including Unity.
エヌビディア合同会社 VRに最適なGPU「NVIDIA GeForce GTX 10シリーズ」と、リアルな映像、音響、物理を実現してVRの実在感を高めるSDK「NVIDIA VRWorks」をご覧頂けます。
株式会社アクセル Unityゲーム開発向けミドルウェアや実際のアプリ内での活用事例をブース展示しています。
AppSealing 運営事務局 新しいクラウド型セキュリティサービス”AppSealing”のご紹介です!アプリに対するチート行為やメモリ改ざんなどの悪質な不正行為に強いことに加え、初期導入コストゼロ、簡単3ステップでIPまで保護できます!まずはフリープランからお試しください!
株式会社CRI・ミドルウェア CRIWAREはゲームにおいて3500タイトル以上でご利用いただいているサウンドとムービーに特化したミドルウェアです。展示ブースではサウンド向けツールの実演及び演出方法の紹介とVR空間上で2種類のムービーを重ねて使う特殊技術を紹介します。
株式会社モリサワ モリサワフォントが搭載されたVRコンテンツやセッションでも紹介する「Lyric speaker」の展示、アプリでの採用などさまざまなフォントソリューションを実機をまじえご紹介します。
ピーポーパニック!(株式会社ココノヱ) 『ピーポーパニック!』はペーパークラフトで作る『UFO型デバイス』を使い、街の人間をどんどん捕まえるゲーム。他のプレイヤーたちと協力して制限時間内に人間どもをたくさん捕獲しよう!
おもちゃのくにと ふしぎなかみひこうき(株式会社ワン・トゥー・テン・ドライブ) 映像投影とセンサーを組み合わせた子ども向け最新型デジタルアトラクション。「おもちゃ」をテーマに、株式会社ナムコと共同開発。スクリーンにかみひこうきを飛ばすと、絵から乗り物が飛び出し、物語に参加できるような体験を楽しむことができます。
Redirected Walking(東京大学大学院 廣瀬・谷川・鳴海研究室 ) iPadを使って仲間と共に過去の空間へとタイムスリップできるアプリケーションの展示、Oculus touchを使って疑似触力覚を体験できる展示、広大なVR空間を自分の足で歩いて探索することを可能にするRedirected Walkingの紹介を行います。

 

 

開発者はかっこいい。プロフィール写真をその場で撮影、Uniteフォトスタジオ

イベント会場では日本マイクロソフト株式会社ご協力のもと、開発者としてのカッコイイ写真を撮影、その場でデータをお渡しする「Uniteフォトスタジオ」を設置します。ここでしか撮れない、開発者としてのプロフィール写真をぜひ会場で撮影し、SNS等でご利用ください。

 PhotoStudio01

 PhotoStudio02 ※写真は制作中のものです。実際の写真とは異なる場合があります。

 

撮影は先着順となります。混雑が予想されますのでぜひお早めに会場にお越しください。

 

 

新たに追加された講演の一部をご紹介

一部をご紹介します。

 

■一般的なエンジニア、アーティスト向け

講演名 Unityライティング最新情報
登壇者 山村 達彦<ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社>
概要 Unityのライティングは大きく進化しました。このセッションではUnityのライティングで可能になった事や、素早く反復的に開発する方法、パフォーマンスと綺麗さを両立する方法について紹介します。
こんな人におすすめ ライティングに興味がある人 / ベイク時間を短くしたい人 / 綺麗なステージを作りたい人
受講者が得られる知見 Unityのライティング機能

 

■VR開発者向け

講演名 NVIDIA Gameworks アップデートおよびAnselとVRWorksの紹介
登壇者 パウロ・テシエラ・デ・シルバ<エヌビディア合同会社>
概要 NVIDIAのデベロッパーテクノロジーエンジニアがAnselとVRWorksを紹介します。Unity PluginでのAnselの後処理フィルタや超解像度などの様々な機能の使い方を説明します。Unityで利用できるVRWorksについてはLens Matched ShadingやSingle Pass Stereoなどを具体的に説明します。
こんな人におすすめ PCゲーム開発者、VRゲーム開発者
受講者が得られる知見 Anselの実装に関する知識 / VR Worksの実装に関する知識 / パフォーマンス向上に関する知識

 

■VR開発者、学生やUnity初心者向け

講演名 VRで探り、活用する、人の知覚の仕組み
登壇者 松本 啓吾<東京大学廣瀬谷川鳴海研究室>
小川 奈美<東京大学廣瀬谷川鳴海研究室>
概要 VRによる新たなリアリティの創造は,人がリアリティを感じる仕組みの解明にも繋がります.「Unlimited Corridor」や「えくす手」といった研究の実例を紹介し,視覚だけでなく,触覚等も含む多感覚の刺激を人はどう統合しているのか,私たちの身体にどれほどの身体拡張の可能性が秘められているのかという知見と,そうした知覚の仕組みを活用してよりリアリティの高いVRを実現する方法について紹介します.
こんな人におすすめ 学術分野でのUnity活用状況に興味のある方 / 五感をUnityで扱ってみたい方
受講者が得られる知見 学術分野でのUnity運用状況 / Unityを使った五感提示 / Unityを使った知覚操作

 

 

協賛各社のインタビュー記事をさらに公開

今年初めて、どのような意図、思いを持ってUniteで講演・出展するか、一部の会社に事前インタビューを行いました。Uniteへご来場予定の方は各社様のメッセージにぜひご注目ください。

 

インタビュー記事一覧はこちらから

https://unite.unity.com/ja/2017/tokyo/extra

 

以下、一部を抜粋いたします。

 

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(プラチナスポンサー)インタビュー
秋山 賢成<ソニー・インタラクティブエンタテインメント ジャパンアジア(SIEJA)>
PS VR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』開発秘話が語られる

――PlayStation VRの(以下、PS VR)発売開始から半年が経って、どのような手応えを感じられていますか?

秋山 幸いなことに、大変ご好評を頂いていて、品切れが続いており申し訳ないのですが、ただそれだけ需要がある、ニーズがあって期待もいただいている、というところで手応えも感じており、ユーザーの皆さんやコンテンツを開発されている皆さんには大変感謝しています。
コンテンツ数もローンチで30本ほど、現時点ではグローバルで100コンテンツ以上が集まっていますし、今期もどんどん出てくる予定があります。開発中のコンテンツの量においてもかなり手応えを感じている、そういう状況です。

※続きはこちらから
http://events.unity3d.jp/unite2017tokyo/interviews/interview2017_SIE.html

 

株式会社アクセル(ゴールドスポンサー)インタビュー
品部 仁志<株式会社アクセル>
LSI開発の知見を活かして生まれた音声・映像ミドルウェア「AXIP」(H2MD/C-FA)

――最初にアクセルさんの業務についてお話いただけますでしょうか。

品部 主事業としては半導体のメーカー、LSIを設計・開発・販売する会社です。メインは、遊技機向けのグラフィックLSIを作っていて、そこが売り上げの大半を占めています。それ以外には、産業組み込み機器向け、例えば工場の設備や計測機器など、どちらかというとBtoB向けの機器に使われるグラフィックLSIを中心に販売しています。

※続きはこちらから
http://events.unity3d.jp/unite2017tokyo/interviews/interview2017_axell.html

 

会場では恒例のUnityグッズショップも設置

Unite 2017 Tokyoでしか入手できないプレミアムなグッズもご用意しております。商品の一部をご紹介します。

 

 01_hoodies Unityヴィンテージ・デニムパーカー(7,000円)

インディゴ染めでウォッシュがかったスウェット地のヴィンテージ・パーカー。胸元にUnityロゴ刺繍入り。デニム特有の色落ちで普段使いからUnity勉強会まで幅広くお使いいただけます!

 

 

02x_stickerset ユニティちゃんステッカーセット(1,500円)

ユニティちゃんのイラストが多数使われたステッカーの2枚セットです!

 

 

03_pixelglassUnityピクセルサングラス(1,500円)

着ければ誰でもハッピーなキャラになれる(?)アメリカンな魔法のサングラスが登場!

 

 

04_mobilebatteryuniteユニティちゃんモバイルバッテリー 12,000mAh Unite 2017 Tokyo Edition(5,000円)

iPhoneフル充電が約6回できるマルチデバイス対応の大容量モバイルバッテリーです。 メーカー:Cheero / 容量:12,000mAh

 

 

協賛企業

■プラチナ協賛
任天堂株式会社 / 株式会社 ソニー・インタラクティブエンタテインメント / 日本マイクロソフト株式会社 / 大日本印刷株式会社 / Oculus / グーグル合同会社 / Vuforia / インテル株式会社 / エヌビディア合同会社 / CloudMoolah

 

■ゴールド協賛
株式会社アクセル / 株式会社Cygames / オートデスク株式会社 / DVERSE Inc.

 

■シルバー協賛
AppSealing 運営事務局 / 株式会社CRI・ミドルウェア / 株式会社モリサワ / HTC NIPPON株式会社

 

■ブロンズ協賛
イリュージョン / 株式会社Aiming / Kudan株式会社 / 株式会社グランドステージ / ダイキン工業株式会社 / 株式会社ディー・エヌ・エー / 株式会社Too / BBソフトサービス株式会社 / 株式会社ボーンデジタル / 花王株式会社 めぐりズム

 

■Made with Unity協賛
株式会社サイバーエージェント / SpicyTails / Linkblue Inc. / 株式会社ワン・トゥー・テン・ドライブ

 

■アセット協賛
Photon 運営事務局 / Looking Glass

 

■ブック協賛
株式会社翔泳社 / ソシム株式会社 / SBクリエイティブ株式会社 / 株式会社ボーンデジタル

 

■機材協賛
株式会社マウスコンピューター

 

 

開催概要

開催日時
2017年 5月 8 日(月) ~9日(火)
9:00~20:00予定

 

来場者数
2日間で延べ約6000名規模

 

Unite 2017 Tokyo公式Webサイト
https://unite.unity.com/ja/2017/tokyo

 

会場
東京国際フォーラム
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
https://www.t-i-forum.co.jp/

 

※Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。

 

報道関係者の皆様へ
Unite 2017 Tokyoの取材を希望される方は事前に下記URL(または公式サイト内にございます「取材お申込み」)より必要事項をご記入いただきお申込みのうえ、イベント当日に会場受付にて下記の書類をご提示ください。

 

Unite 2017 Tokyo取材・プレスお申し込みフォーム
http://urls.unity3d.jp/unite2017tokyo-press

 

広報連絡先

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビルE12階
TEL:03-5468-9914
広報 / PR担当:松井悠 pr@unity3d.co.jp