Unity最新バージョン「Unity 2017.1」の7月リリースが決定

開発中の新しいデモ、「Project Forest」(コードネーム)の概要も発表

オランダのアムステルダムで開催中のUnite Amsterdam 2017における基調講演にて、ユニティ・テクノロジーズは、Unityの最新バージョンである「Unity 2017.1」を2017年7月にリリース予定であることを発表しました。また、ショートフィルム「Adam」に続く新しいリアルタイムレンダリングのデモ、「Project Forest」(コードネーム)を開発中であることも発表しました。

 

Unity 2017.1のリリース候補版は以下のURLよりダウンロードいただけます。

https://unity3d.com/unity/beta

 

Unity 2017.1の主な新機能は以下の通りです。

・Timeline&Cinemachine

・以下の各機能での改善

 グラフィックス(プログレッシブライトマッパー、パーティクルシステム、iOS/Metal使用時の遅延レンダリング)

スクリプティング(.NET4.6/C#6 (実験的な機能として))

 チーム内のコラボレーション機能(Unity Collaborate、エディターの生産性(FBXインポート、アニメーションキーフレーム追加時のワークフロー)

2D(スプライトアトラス)

 VRプラットフォームサポート(VR Works、Daydreamの非同期ビデオ再投影)

ビデオプレイヤー(PS4)

Universal Windows Platform(UWP)

Live-ops Analytics(リモート設定、標準イベント)

 

「Unity 2017.1」の大きな特徴の1つである新機能「Timeline&Cinemachine」を利用することで、表現したい映像の動きをリアルタイムで確認しながら、キャラクターの動きやカメラワークを自由に設定することが可能になります。既存のDCCツールによるショットベースのカットシーンとともに映像の演出やカメラワークを簡単に調整でき、映像作品の制作においてもより効率的な作業が可能となります。

 

基調講演の動画は以下のリンクよりご覧ください。

 

また、基調講演では、開発中の新しいデモ「Project Forest」(コードネーム)の一部が初公開されました。

 

以下のリンクより動画をご覧ください。

https://youtu.be/-jZdMFPACpU?t=1h16m30s

 

「Project Forest」(コードネーム)は、Unityの最新のグラフィックス技術を使用し開発されているインタラクティブなデモで、プログレッシブライトマッパーやポストプロセッシングスタック、スクリプタブルレンダーパイプラインなどが使用されています。詳細は2017年10月開催予定のUnite Austin 2017にて発表される予定です。

 

Unite Austin 2017

https://unite.unity.com/2017/austin

 

※Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。

 

広報連絡先

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビルE12階
TEL:03-5468-9914
広報 / PR担当:松井悠 pr@unity3d.co.jp