GDC2014でUnity 5のリリースが発表、予約受付を開始

リアルタイムライティングシステム「Enlighten」や物理ベースシェーダーなど、大規模なアップデートを実施

Unity5_PhysShading_Doll

Unity Technologies は、サンフランシスコで開催中の Game Developers Conference(GDC)のデベロッパーデイに、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」の次世代バージョンである Unity 5 を発表しました。

小規模のインディー開発者から大手開発スタジオまで、あらゆるデベロッパーが素晴らしいゲームとインタラクティブ作品を制作できるよう、そして複数のプラットフォームにスムーズに実装できるよう、Unity 5 はさまざまな新機能をご提供します。
なお Unity 5 は Unity Store から予約可能で、これには Unity 4 および今後予定されているUnity 4に対する全てのアップデートの使用権が含まれます。

Unity 5 には、リアルタイムライティングシステム「Enlighten」や物理ベースシェーダーといった大規模なアップデートが含まれ、キャラクター、環境、ライティング、エフェクトなどを高品質でレンダリングする能力を備えています。さらに、新しい統合シェーダーアーキテクチャー、エディター内のリアルタイムライトマッププレビュー、そして改良されたアセットバンドル機能により、ワークフローの効率が飛躍的に向上しています。また、オーディオデザイナーがダイナミックなサウンドスケープやエフェクトを作成できるよう、オーディオシステムとオーディオミキサーが一新されました。

Unity Technologies は Unity の大規模なデベロッパーコミュニティに対して、これからも成功の機会を提供します。その一環として、Unity 5.0 では Unity Cloud 広告シェアリングネットワークを搭載しており、モバイルゲームにおける相互プロモーションを簡単に行えるようになっています。さらに Unity の比類なきプラットフォーム対応には新たに WebGL が加わり、事実上ほぼ全ての主要なプラットフォームで出力できるようになりました。

Unity 5 の新機能や改良点

物理ベースシェーダー

Unity 5 には新しいビルトイン物理ベースシェーダーシステムが搭載されます。新しいシェーダーは、ありとあらゆるライティング条件の下で、実在する多種多様なマテリアルをカバーできるように設計されており、さらにはアートパイプラインから UI に至るまで、ワークフローが大幅に改善されています。また Unity 5 には完全なディファードシェーディングおよびベイクした反射プローブが導入されており、環境に基づくリアルな鏡面ハイライトを再現できます。

 Unity5_Editor_PhysicalShading_Doll_Editor

Unity5_PhysShading_DollComp1

Enlighten によるリアルタイム グローバル イルミネーション

Geomerics 社と提携して、リアルタイムグローバルイルミネーション技術「Enlighten」を Unity 5 に搭載しました。Enlighten は 現行のPC、家庭用ゲーム機およびモバイル機のゲーム向けに完全なダイナミック ライティングを提供できるよう最適化された、唯一のリアルタイムグローバルイルミネーション技術です。
Enlightenの技術により、ライトのアニメーション、マテリアルのエミッシブ特性、環境光のコントロールがリアルタイムで可能になりました。また「Enlighten」のリアルタイムテクノロジーによってワークフローも大幅に改善されており、アーティストやデザイナーは Unity 5 のエディターを使って、どんなスタイルのゲームでもリアルで説得力のあるビジュアルを制作できるようになりました。

 

Unity5_Geomerics_Mobile_Enlighten_1 Unity5_Geomerics_Mobile_Enlighten_2

リアルタイムのライトマッププレビュー

Imagination Technologies 社との提携によって同社の画期的な PowerVR Ray Tracing テクノロジーを搭載した Unity 5 は、開発プラットフォームとしては業界に先駆けて、エディター内にリアルタイムライトマッププレビュー機能を実装しました。この機能を使うことでエディター上に正確なグローバルイルミネーション用ライトマップのプレビューを瞬時に表示することができ、完成版のゲームでどう見えるかを確認しながら調整できます。このテクノロジーにより、アーティストは最終的なライトマップのアップデートとベイクを行いながら、環境のイテレーションと改良を並行して続けることができ、シーンのビジュアル調整に必要な時間を劇的に短縮できます。

Unity5_Enlighten_Car

オーディオの刷新

Unity のオーディオパイプラインは全面的に刷新され、より効率的で柔軟になりました。リニューアルの過程で最初に導入された重要機能はオーディオミキサーで、非常に複雑なリアルタイムのリルートやエフェクトシナリオに対応するよう設計されています。デザイナーはミキサー設定のスナップショットを作ることができるので、ゲーム中にシーンに合わせてサウンドのミキサー設定をダイナミックに遷移させることができます。

Unity5_Editor_Audio

WebGL アドオン早期アクセス

Mozilla 社との協力により、WebGL と asm.js が Unity のサポート対象に加わりました。デベロッパーは Unity 5.0 のリリースと同時に WebGL アドオンへの早期アクセスが可能となり、対応する最新のブラウザを使用することによって、プラグインなしに実行できるインタラクティブ作品を制作できるようになります。GDC に参加されている皆さまは、Unity ブースにて WebGL で動作する Madfinger Games の「Dead Trigger 2」をご体験いただけます。

Unity_WebGL_DeadTrigger2

Unity Cloud

Unity 5 では、相互プロモーションネットワーク「Unity Cloud」が開始されます。これはモバイルゲームのデベロッパーが、ゲーム上で全画面のスプラッシュ広告を表示させたり、広告ユニットを他の Unity デベロッパーと交換することが可能なもので、総計で 5 億インストールを超えるモバイルゲームの相乗効果を無料でご利用になれます。

さらに Unity 5 では、その他にも数多くの追加や改良が実施されます。

  •  Unityはついに64 bitに
  •  さらなるマルチスレッド化を実現するジョブスケジューラー
  •  NVIDIA PhysX 3.3
  •  アセットバンドル作成がより簡単になり、逐次的な作成を可能に
  •  新しい 2D 物理 エフェクター
  •  SpeedTreeとの統合
  •  NavMesh の改善
  •  Mecanimステートマシンビヘイビア
  •  ローディングの最適化
  • その他、多数の改善ポイント

Unity 5 は現在、Unity Store(https://store-jp.unity3d.com/)からご予約いただけます。なお Unity Pro 5 をご予約いただくと、ただちにUnity Pro 4 もご利用いただけます。
Unity 4x 系の最新バージョンとなる Unity 4.6 には、待望の改良型 GUI が含まれます。

Geomerics 社について

Geomerics Limited 社は ARM Holdings PLC の完全子会社で、現行のPC、家庭用ゲーム機、モバイル機むけに最新のグラフィックテクノロジーを提供しています。Geomerics 社の「Enlighten」は業界でも最先端のダイナミックライティングテクノロジーです。Enlighten はこれまでにも、「バトルフィールド4」、「ニード・フォー・スピード ライバルズ」、「EVE ONLINE」、「Quantum Conundrum」をはじめとする、ゲーム産業屈指の作品でビジュアルを支えてきました。また Enlighten は、EA DICE 社、EA Bioware 社、Take 2 社、CCP 社および Square Enix 社といった有力なデベロッパーにもライセンスされています。

Imagination 社の PowerVR Ray Tracing について
Imagination 社の PowerVR グラフィックプロセッサ(GPU)は、モバイル機および内蔵グラフィックチップとしてデファクトスタンダードとなっており、これまでに 10 億基以上が出荷されています。PowerVR Ray Tracing テクノロジーは新世代グラフィックを代表するもので、幅広いコンシューマーおよびモバイルプラットフォームに加えて、家庭用ゲーム機、現在主流のゲーム用 PC、ワークステーション、サーバーなどで使用できます。この画期的なテクノロジーにより、ダイナミック ソフトシャドウ、リアルな反射や透過、グローバルライティングといった、従来のモバイル機では成しえなかったリアルでダイナミックなライティングモデルでプレイヤーを引き込むゲームやアプリが実現可能になります。PowerVR Ray Tracing はまた既存の主流グラフィック テクニックと併用することもできるため、これまでデベロッパーがゲームエンジンやツールに対して行った投資を無駄にしません。

Mozilla について

Mozilla は、10 年以上にわたり WEB の先駆者にして支持者でもあります。我々はイノベーションを可能にするオープンスタンダードを作り、普及させ、そして万人のためのプラットフォームである WEB を進歩させてきました。今日では全世界で 5 億人もの人々が、コンピューター、タブレット、携帯電話などから Mozilla Firefox を使用して WEB に接続しています。

 

 

Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。

広報連絡先

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビルE12階 TEL:03-5468-9914 広報 / PR担当:松井悠 pr@unity3d.co.jp