特設エリア

Unite 2015 Tokyo では講演以外にもワークショップ、ラウンドテーブル等を開催予定です。それぞれ事前のお申込みが必要となる場合がございますのでご注意ください。

  • ご参加いただく場合には Unite 2015 Tokyo のチケットまたは関係者パス等が必須となりますのでくれぐれもご注意ください。
  • 他の講演と並行して行われますので、ご参加いただく場合には一部の講演に参加できなくなる可能性がございます。ご注意ください。

Unite 2015 Tokyo の
チケットを購入

一般:19,800
学生:8,400
購入

Unity 5 世代向け 3DCG アセット制作ブートキャンプ

Unity 5 が搭載する強力なグラフィックエンジンを十分に使いこなすために、今後必須となる 3DCG アセット制作のための DCC ツールの解説と、それらのツールを Unity 5 と連携させるための運用ノウハウを同時に提供するのが本ワークショップの目的です。

各ツールのエキスパートが十分な時間をかけて解説し、かつ参加する皆様にも体験していただける予定です。本ワークショップで手に入れた成果をぜひあなたの制作チームに持ち帰り、シェアしてください!

ご参加いただく際は下記のソフトウェア、ツールを事前にダウンロードいただくことを推奨しております。また、使用するPCは参加者ご自身でお持ち込みください。

事前ダウンロード推奨ツール

特別配布資料

  • Unity 5 向けキャラクターセットアップマニュアル for Maya
  • 総合PBRガイド by Allegorithmic vol.1 光と物質:物理ベースレンダリングとシェーディングの理論
  • 総合PBRガイド by Allegorithmic vol.2 光と物質:PBRのテクスチャを作成するための実用的なガイドライン

配布サンプルデータ

  • SDユニティちゃんサンプルシーン for Unity 5
  • SDユニティちゃんサンプルリギングデータ for Maya

教材のダウンロードはこちら

ブートキャンプパス
引き換えチケットを購入

ブートキャンプパス引き換えチケット 2,000
購入
  • チケットは 170枚限定となりますのでお早めにお求めください。
  • ワークショップへのご参加には【Unite 2015 Tokyo】への入場チケットと【3DCGアセット制作ブートキャンプ】へのブートキャンプパス引き換えチケット(¥2,000)の両方が必須となります。くれぐれもご注意ください。
  • 「Unity 5 世代向け 3DCG アセット制作ブートキャンプ」では 2日間で複数のワークショップが開かれますが、【3DCGアセット制作ブートキャンプ専用パス】は 2日間有効で、ワークショップへの入退場は自由です。また、会場で他人への譲渡や受け渡しも許可しております。

DAY 1 / Unite 2015 Tokyo, 2015.4.13

DAY 2 / Unite 2015 Tokyo, 2015.4.14

開発スタッフも参加! Unityラウンドテーブル

「開発していく上でうまくいかないところがあるのだけど、他の方々はどうやっているの?」
「この機能はうちではこう使っているのだけど、そもそも合っている?」
「こういう機能があったら便利なのだけど、どう思う?」

といった Unity 開発に関するディープな内容を話し合う場所です。開発スタッフや日本スタッフも同席しますので、そういった問題を直接ご相談できるチャンスです。海外スタッフとのコミュニケーションに関しては日本スタッフおよび通訳サポーターを介してお話していただけますので、お気軽にご参加ください。

ラウンドテーブル参加申込

Unityラウンドテーブル 無料
参加申込

ラウンドテーブルとは

ラウンドテーブルとは参加者の方々が積極的に発言し、情報を交換したり、問題を解決していく場です。話を聞くだけではなく、必ず発言する意思を持って参加してください!クローズドな場所で行われ、後日の動画公開は行いませんので自由な意見をどんどん発言しましょう!

2日間開催

2D、GUI、アセットバンドルの3つのテーマについて1日1回ずつ、2日間に渡って開催します(全6回)。同じ時間帯で参加したい講演がある場合には違う日で参加をご検討ください。もちろん「もっと議論を深めたい」という方は両日ともにご参加いただくことも可能です。参加人数が非常に限られておりますので見学やヒアリングのみのご参加はお控えください。

Unity開発チームのスタッフも参加

2D、GUI、アセットバンドルそれぞれの開発スタッフやUnity日本スタッフも同席しますので、皆さんが抱えている問題を直接ご相談できるチャンスです。海外スタッフとのコミュニケーションに関しては日本スタッフが通訳サポートを行いますのでご安心ください。

  • 参加者数は各回 10名限定となりますのでお早めにお申込みください。
  • 参加のお申込みを一時休止しております。 4月 6日(月)13:00 より再開予定ですので、今しばらくお待ちください。
  • ラウンドテーブルは他の講演と並行して行われますので、こちらに参加する場合は一部の講演に参加できなくなる可能性がございます。ご注意ください。
  • ラウンドテーブルへのご参加には【Unite 2015 Tokyo】への入場チケットや関係者パス等と【開発スタッフも参加! Unityラウンドテーブル】への事前お申込み(無料)の両方が必須となります。くれぐれもご注意ください。

DAY 1 / Unite 2015 Tokyo, 2015.4.13

DAY 2 / Unite 2015 Tokyo, 2015.4.14

Oculus Crescent Bay/Gear VR デモルーム

VR ヘッドセット Oculus Rift の最新プロトタイプ Crescent Bay、及び Samsung 社と共同開発するモバイル版VRヘッドセット Gear VR を体験できる特設デモルームです。

Crescent Bay の体験については事前予約が必要となります。予約方法は右のリンクボタンにて詳細が記載しておりますので体験ご希望の方は必ずご確認ください。

参加申し込み予約開始日時:4月 12日(日) 13:00頃(予定)

参加申し込みガイド

参加申し込み予約開始日時
4月 12日(日) 13:00頃(予定)
参加申し込みガイド(PDF)

Unity Porting Lab for Windows

お持ちの Unity ゲームを持ち寄って Windows Phone や Windows 8 向けに移植の体験をできるワークショップです。

Unity Technologies 社と Microsoft は本社間でも密に連携を図り技術面や開発支援の施策を行っています。その結果、iOS や Android 向けに作られた Unity ゲームをかなり容易に移植することが可能になっています。このワークショップでは、基本的な方法のレクチャーの後、実際に移植作業を行ってみます。マイクロソフトの技術者によるサポートも受けながら行えますので、ぜひこの機会をご活用ください(各先着10名様への限定ワークショップとなります)。なお、ご参加に当たって事前のお申込みは不要です。会場にて直接ご参加ください。

DAY 1 / Unite 2015 Tokyo, 2015.4.13

DAY 2 / Unite 2015 Tokyo, 2015.4.14

お問い合わせ

Unite 2015 および Unite Tokyo に関するご質問は こちら からどうぞ

報道関係者の皆様へ

Unite 2015 Tokyo の取材を希望される方は、イベント当日に受け付けにてお名刺2枚をご提示ください。

※ご提示いただけない場合、入場をお断りさせていただくことがございます


なお、下記よりあらかじめお申し込みいただきますと、当日スムーズに受付をお済ませいただけます。

取材のお申し込み